フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 益子 | トップページ | 船橋通信vol.2 »

2009年5月14日 (木)

船橋通信

東武百貨店船橋店の「にっぽん全国職人の技と和菓子展」が始まりました。

 

藍染をして草刈をしてなんていうまともな生活でしたから、肉体が悲鳴を上げておりますが、久しぶりに会った方々から、「痩せたね」とか「締まったね」とか言われる。
ブラシ屋の旦那は、「顔色が良いじゃないの」と、このご時世で、我々の苦労を一番よくご存じの人ならではの皮肉を込めたご挨拶。
「外で仕事しましたから、焼けているだけですよ」と、苦労をしていないわけじゃないという言い訳をしていまいましたね。

 

今週は、東武宇都宮百貨店の「とちぎ・ふくしま物産展」にも出展しているのですが、船橋と宇都宮は兄弟店にもかかわらず、紺邑はいつも同時開催となってしまう。
荷物を分けなければならないのですが、昨年染め貯めた生地で商品を作っておりますから、2コースに分かれても、何とかなっています。

初日はさすが船橋で、お客様の入りはなかなかのものでした。
紺邑は、いつもの宇野澤さんご夫妻はじめ、ご常連にも来ていただき、もう少しで昨年並みと言うところまで来ましたから良しとしましょう。
宇都宮は、昨年の実績を越えさせていただいたようです。

 

久しぶりにブラシ屋の旦那を交え、紐の平井、漆器の一久、オーストリッチの韓さんとお好み焼きをいただきました。
関東では、自分で焼きます。
関東人は私と旦那だけですから、私が焼いた。
これが美味しい!

 

ビールにも話にも花が咲きましたが、特に韓(ハン)さんの人を見る目と感じ方には、一同感心しきりでありました。
どういう風にと言うと説明しきれませんが、まあ、そう言う人だということでご勘弁を。

 

昨年の二日目の成績は、船橋・宇都宮共に抜群。
今年はどうなることかと思いますけれど、比較はせず、一所懸命仕事に励むことにします。

 

 

« 益子 | トップページ | 船橋通信vol.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船橋通信:

« 益子 | トップページ | 船橋通信vol.2 »