紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« えにし | トップページ | 町田通信 »

2009年5月26日 (火)

冒険的ドライブ

庭の草刈に励む。
何故なら今日から、しばらく旅に出るからです。

とにかく一所懸命必死で草を刈っていると、東京から富永さんが、灰を持ってきて下さった。
道の駅の「どまんなか田沼」に寄って来て、これから日光に行くという。
急いでいる様子もないではないが、取りあえずお茶を飲みながら世間話。
里山のこと、農業のこと、最近の政治の政策についてなどなど。

お昼でもと思ったら、本当に急いで日光に行きたいらしい。
さて、道をどうするのかと聞くと、足尾を抜けて行くとおっしゃる。

東京の赤羽から埼玉の川口・岩槻、群馬の館林・太田・桐生を抜けて栃木に入り、銅山で有名な足尾から日光に出る国道が122号線ですが、私はこの道が大好き。
日光からいろは坂を上り中禅寺湖に出て、そのまま金精峠で群馬に降り東京に帰る道もまた良い。

足尾を抜けると云うことは122号線で行くと云うことだけれど、さて、閑馬からどう行けばよいか。
山道を通って、飛駒→梅田→桐生から122号に出るのが王道だけれど、この辺りの噂によると、桐生に出ずに、梅田から山を抜けて足尾に行く道があるという。
私は通ったことはないが、その話をすると、なんと富永さんはその道を行ってみると云う。
不安になった私が、グーグルの地図で調べると、その道は山の中で行き止まりだ。
それでも行くという富永さんは、どういう人なんでしょうかね。

別れ際に、「結果を教えて下さい」と云って分かれた。
どうやって教えて下さるかというと、ミクシィでです。

今読んでみましたら、地図の通り行き止まりだったそうですが、そこから地図にない、穴が空いていたり石が転がっている林道が延びていて、無事、足尾から日光に行き着いたらしい。
驚きましたが、めでたしめでたしだ。

そうそう、書き忘れましたが、富永さんは女性です。

« えにし | トップページ | 町田通信 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/45140427

この記事へのトラックバック一覧です: 冒険的ドライブ:

« えにし | トップページ | 町田通信 »