フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 09/06浜松通信vol.3 | トップページ | 09/06浜松通信vol.5 »

2009年6月27日 (土)

09/06浜松通信vol.4 デパート

百貨店またはデパートというところは、ちょいと前までは、おしゃれをしてわざわざ出かけて行く場所でありましたね。
そのおしゃれをするために、買い物もするし、良い物をデパートで探す。
そう言う、特別な場所だった。

現在の百貨店は、日本全国、土日になりますと目の前の景色が一変いたします。
お家で寛いでいる姿そのままで、デパートにいらっしゃる方々の如何に多いことか。
よれよれのTシャツに半ズボンにサンダル履きなんてね。

これは、お客様の責任であるはずがない。
どんな格好で御来店いただこうと、自由なことは当たり前です。
要は、デパート側の姿勢にあったのではないかな。

過去形で書きましたが、デパートがスーパーと競争する世の中になってしまった。
ここでも、今日から本格的にバーゲンが始まっています。
例年よりも早いのではないかな。
このご時世ですから、その良し悪しは私には図りかねる。
しかし、勘で言わせていただければ、デパートはデパートらしいのが良いのではないかと思う。

こんなことを考えるのも、そういうお客様は、我々の物に興味を示されないからです。
それでも時折、おしゃれな方がお見えになる。
今日も、そう言う数少ないお客様に支えられ、ボチボチと商売になりました。
最年長は、大正13年生まれの85才の方。

隣では、有田焼のセールをやっている。
売っている人はこの路40年だそうで、今は引退してアルバイトで販売をしている。
この方曰わく、「百貨店とスーパーは、まるっきり違いますよ。我々の商品は、スーパーでは全く売れません。ほとんど0に近い数字です」とおっしゃる。
500円から1200円くらいの焼き物のバーゲン品は、ああいうところでは売れないのですね。
ましてや我々の工芸品は、尚更のことですが、どうも百貨店はそう思っていないらしい。
ん?そんなことはない?
そうかもしれません(笑)

さすがに疲れが出て参りましたが、7月の中旬は時間が取れる。
今後の行く末も、しっかりと考える良い時期でありましょう。

« 09/06浜松通信vol.3 | トップページ | 09/06浜松通信vol.5 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09/06浜松通信vol.4 デパート:

« 09/06浜松通信vol.3 | トップページ | 09/06浜松通信vol.5 »