フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 町田通信vol.3 | トップページ | 日本橋通信 四日目と5日目 人物 »

2009年6月 3日 (水)

09/6日本橋通信vol.1

町田が終わり、日本橋三越本店の「匠の技展」に出展しております。

 

昨日、町田から車で荷物を搬入し、カミサンが飾り付けをしてくれましたが、本当に上手だとつくづく思いました。
私の並べ方とは全く違い、まるで絵の世界のようです。
そのお陰かどうか、久しぶりに忙しい一日を過ごさせていただきました。

 

日本橋という場所との付き合いは、もう数十年になります。

 

最初は、東急百貨店と三越に出展しておりましたが、東急が閉店し、三越と親父殿がケンカした後は、長く高島屋にお世話になっていた。
それがまた、親父殿がケンカして高島屋との縁がなくなった後は、私は、ブラシ屋の旦那に拾われて、三越にでております。

 

百貨店は違えども、お客様は変わらずかわいがってくださる。
今日も長い付き合いの方々が入らしてくださった。
富田さんという、新しいお客様もお見えになりましたが、開店から閉店時間まで、お客様が絶えず、このブログで名前を挙げきらない程です。

 

全体は予算に足りなかったかも知れないけれど、他の百貨店に比べれば夢のような成績だろうと思います。
紺邑も、他の百貨店なら一週間分かも知れない成績を、一日で達成できた。
これも皆様のおかげですが、あと五日間、怠らずに励むことと致します。

« 町田通信vol.3 | トップページ | 日本橋通信 四日目と5日目 人物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09/6日本橋通信vol.1:

« 町田通信vol.3 | トップページ | 日本橋通信 四日目と5日目 人物 »