フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 09/6日本橋通信vol.1 | トップページ | From日本橋to高松 »

2009年6月 7日 (日)

日本橋通信 四日目と5日目 人物

日本橋三越の「匠の技展」も、はや5日目を過ぎました。
目が回るほどの忙しさで、このブログも一日おきという有り様。
四日目の商売は、厄落とししたはずなのに、紺邑は日本橋始まって以来の低調さでありました。
ただし、他の百貨店ならこのご時世、十分な成績ですけれどね。
この私がなんと、サッカーの代表戦も見ず、ブログも書かずにバタンキューで寝てしまった。
さすがに、事故だ何だというのが応えていたのでしょうね。

朝新聞を見ると、日本代表が勝った!
良かった!
万歳だ!

気持ちよく仕事が始まりましたが、疲れが酷い。
一番にアリナミンVを飲んで仕事に集中。

ところが待てど暮らせど、お客様がいらっしゃらない。

早めにお昼を取って帰ってくると、なななんと、返品があった。

この日本橋でマイナスのスタートは、初めてのことです。

それからも手持ちぶさたで過ごし、ユンケルを飲んでもなかなかマイナスがプラスにもなりません。

どうなることかと思いましたら、さる著名な女性に御来店いただいた。

実は、昨日の閉店間際に入らして、「染めてくださいますか?」とのお尋ねがあったのですが、私はその方の大ファンでありましたから、「はい、ファンですから何でもやります」と申し上げておいたのです。

私としては、本当にお待ちしていた。
絹のスーツの染めを頼まれましたが、本当は難しい染め。
しかし、喜んで引き受けさせていただいた。

この方のオーラは、柔らかくて優しくて大きい。
こういう人に、初めて会いました。

周りの人も気付いて、次々に話しかけてくるのですが、その対応もオーラと同じでしたね。

それから紺邑が大変身を致しまして、ものすごく忙しくなり、今週二番目の成績で一日を終えることが出来た。
人の影響力の大きさを実感した日となりましたが、日本には人物が居ますね。

閉店間際に来たリサ君に話したら、しばらくドイツにいた彼女は、その方を知らなかった。
帰ったら調べてみるなんて言ってましたが、分かったかな?
久しぶりに会ったリサ君は、一段ときれいになっていましたね。
経験は、人を変えるのかな。

良い経験をさせていただきましたが、この方の染めが出来上がりましたら、閑馬に来て下さるそうな。
楽しみなことです。

« 09/6日本橋通信vol.1 | トップページ | From日本橋to高松 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

んまぁ!

何も中身は変わらずボケボケなんですけどね。

昨日はありがとうございました。急に行って急に帰ってごめんなさい!

彼女はドイツにもいらしてました。。。でも11月っていったら一番ばたばたしてたときだからぜえんぜん知りませんでした。

安倍も来てたんですけどね、メッセで5月に。新聞で報道されたのに、違う人の写真を使われて、それで終わりです。。(笑)

あちゃー。「さん」が抜けてますよ。。。「安倍さん」。。。ははは、失礼しました。←やっぱりボケボケでしたね。。。

ハノーバーには、吉田茂の名前が入った平和祈念の鐘もあるのですよ~。

早く麻生さん行けばいいのに。

risaくん
実は、少々気になっていてね、君も好き嫌いで判断する子だったのかな!?なんてね。
一安心だ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋通信 四日目と5日目 人物:

« 09/6日本橋通信vol.1 | トップページ | From日本橋to高松 »