紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 吉祥寺準備日 | トップページ | 吉祥寺通信 »

2009年7月29日 (水)

叔父との一日

帰国した叔父の運転手を一日務めました。

久しぶりに二人でゆっくり話しをしましたが、何と申しましょうか、数奇な運命と申しましょうか、事実は小説よりも奇なりと申しましょうか、私も色々ある人生だけれど、この叔父のそれはものすごいな。

私の母方の祖母が何処で生まれ、その父親がどんな人だったか。
その夫である我が祖父が、戦前歌人として名を馳せもし、政界でどう活躍し、どんな人だったか。
この叔父の母親が、何処でどうしてこの叔父の父親と知り合い、何処で生まれ、何故佐野に暮らしたか。
この叔父の実父の家族、つまり腹違いの兄弟や甥達に人生最晩年に出会い、此の何年か親しい交流が始まっていることも初めて知りましたし、この叔父が名乗る姓の意味も知りました。

こんな事を書いたところで、読んでいる方々にはちんぷんかんぷんであることは当たり前ですが、私もなかなか整理できなかった。
ホテルに送り届けると、「直ぐに帰らないで、寂しいから。この話をちゃんと紙に書いて説明するから、一緒に夕飯を食べよう」と言って、ホテルのレストランで整理して、私も漸く理解できた次第。

この叔父が、フルブライトの留学生として氷川丸でアメリカに発つとき、船内まで入って見送ったのが小学生になるかならないかの私。
それから何十年経つことやら。
私と此の叔父との間にも、様々なことがあった。

某歌手の、カーネギーホールでのリサイタルの集客を、この叔父に頼んだことがある。
もちろん、本人を連れて行って頼んだのだけれど、「僕はちゃんとやったよ。あの人はどうしているかな?すごかったんだよ!だってカーネギーホールだよ。会いたいね」なんて言われちゃったけれど、私は会いたくないなhappy01
政界に出るきっかけも私が作っちゃって迷惑も掛けたけれど、カミサンに言わせれば「大人なんだから自分が選んだ人生よ」って事になるけれど、大臣まで経験すれば、悪いことでもないでしょう。

とにかく、頭も身体も疲れ果てた一日でありましたが、これを皆に説明する機会を持たなければなりません。

« 吉祥寺準備日 | トップページ | 吉祥寺通信 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/45789158

この記事へのトラックバック一覧です: 叔父との一日:

« 吉祥寺準備日 | トップページ | 吉祥寺通信 »