フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 東武宇都宮百貨店「職人の技展」2日目 | トップページ | 宇都宮東武百貨店「職人の技展」四日目 »

2009年8月22日 (土)

東武宇都宮百貨店「職人の技展」3日目 頭

 宇都宮3日目。
 ここの会場は380坪ほどあるらしい。百貨店業界としては、ものすごく広い方でしょう。その上、ボーリング場の跡なので、柱が一本もありませんから、会場の隅から隅まで使えます。

 そこに、64社が集まっているわけですが、ここまで広いと、担当の酒見君も私も、気配りが行き届かないこともあり、3日目になってまだ照明が足りないところがあります。広すぎて、少し暗いのが玉に瑕なんでありますよ。
 
 正面入り口に、今回のチラシのスター、おろし金職人の勅使河原御大が座っております。

2007_04200048_2 この方のおろし金は、目の深さに特徴がありますが、この方を一目見た顕著な特徴は、頭。

初日の終わり頃、実演の手元が暗いとおっしゃる。

なんとか照明を当てろと言うことなんですが、苦心してスポットライトを工面いたしまして、勅使河原さんの斜め後ろ側から手元を照らしております。

そうしますと、頭にも光りが当たりましてね、頭が日に焼けやしないか、お客様が眩しかないかなんて心配を致しております。

 

 

 

 

2007_04190039_2 同じ江戸の職人として、勅使河原さんをライバル視しているのが、犬張り子の田中さん。

この方の特徴も、頭。

チラシの関係か、はたまた場所の所為か、ちと勅使河原さんの方が売上がよろしい。

私が勅使河原さんのところに行きましたら、よく売れたのか、在庫を引っ張り出して売り場に並べています。

そこに何故か田中さんがいらして、「なんだよ、在庫なんか出しやがって、それだけ売れたって事か」と、ライバルをからかう。

 

私が「まあまあ、お仲間なんだから」と、言外に「頭が」というニュアンスを込めて申し上げたらテシさん、「全く、けなし合っちゃーいけねーよな」だって。
 
そしたら田中さん、「そりゃそうだ、はげまし合わなきゃ」ってね。

 3日目も予算を達成しましたが、冷静な予算建てのお陰なのでありまして、やはり、全体を見れば、時代の趨勢は感じます。

« 東武宇都宮百貨店「職人の技展」2日目 | トップページ | 宇都宮東武百貨店「職人の技展」四日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東武宇都宮百貨店「職人の技展」3日目 頭:

« 東武宇都宮百貨店「職人の技展」2日目 | トップページ | 宇都宮東武百貨店「職人の技展」四日目 »