紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 戦後 葬式 | トップページ | 埋葬 »

2009年9月13日 (日)

床堀りさん

墓堀の話を書きましたが、それを別の町内の人に話したら、「まさか、墓堀りとは言わないんじゃないの。床堀(とこほり)でしょ!?。それとも閑馬じゃ、墓堀って言うんけ?」と、佐野弁で言われちゃいました。

帰ってから聞いてみると、やはり床堀と言うんだそうで、それをする人を「床堀さん」と言って、お清めの席なんかでは、一番高い席に座ってもらうのだそうです。

その「床堀さん」をやって参りました。

まさか写真は撮りませんでしたが、朝九時頃、車も入れない山の中の墓地に、スコップなどの道具と水を持って上がる。
ようやくたどり着いて、60㎝角に床堀り。

掘った後の縁に、杉の枝葉を敷いてお化粧を施し、一度帰宅して昼食を取り、午後二時頃、皆さんの到着を待って、遺骨を埋める作業。
私は一作業員として、見知らぬ土地で働いている気分でいたら、なんと、遺族の中に高校の同級生がいた。
「よう!」と挨拶して、「引っ越してきて初めてのお手伝いかい?」なんて、あまりに親しそうに私たちが会話するものだから、施主も怪訝そうでしたね。
世の中、狭いな。

お清めの席に呼ばれますと、やはり、私たち床堀さんが一番高い席で、和尚さんと自治会長の隣りに座らせられた。
皆さん温かく労をねぎらってくれたし、同級生もいたので、和やかな一時を過ごすことが出来ましたとさ。

いずれ詳しく、って、聞きたくない?

« 戦後 葬式 | トップページ | 埋葬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/46205910

この記事へのトラックバック一覧です: 床堀りさん:

« 戦後 葬式 | トップページ | 埋葬 »