紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 歴史 | トップページ | 台風 »

2009年10月 6日 (火)

寒い!

急に寒くなりました。
紺邑では朝晩、軽く暖房を入れるようになりました。

 
さて、藍の調子が実によろしい。
もちろん、喜ばしいことこの上もありません。
 

三週間ほど前、工房の全ての甕から色がなくなりました。
夏から秋にはいると、いつも藍は体調を壊します。
これを「風邪を引く」なんて言います。
しかし、このまま放って置くわけにも参りません。

じっと考えまして、思い切った手入れを致しました。
そうしましたら何と、捨てようとしていた藍まで復活!
これは一つの開眼であります。

長年藍建てをしていても、こういう事があるのですね。

もう半年以上も寝ている、すくもが2俵も入っている大甕があります。
この方法で、ひょっとすると目が覚めるかも知れません。
近々、根本的な手入れをすることになるでしょう。

 
3時のお茶休みに、ふと外を見ると、秋桜が咲いている。

20091006153042 この間の「健康グッズフェアー」の時、この辺りの草を全部刈り取ってしまおうかと一瞬考えましたが、刈らなくて良かったとしみじみ思いましたね。
美しいものだ。っと言っても、私の写真ではね(^^;)

 
このブログをアップグレードしました。
少し、見栄えがすっきりしたはずなんですが、お分かりだろうか?

そうしますと、今まで分からなかったことも分かるようになるから、現金なものです(笑)

「ブログ見ているよ」と言われる事が度々だけれど、どうも見ている形跡がない。
可笑しいなと思うと、携帯でご覧になっているのですね。
このブログのカウンターには、それが反映されないようになっていると言うことも、今回初めて分かったこと。
携帯のアクセス数を見ると、4万を越えておりました。

携帯でご覧になっている読者に、感謝m(_ _)m

« 歴史 | トップページ | 台風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

紺邑さん、こんにちは。
もう1人の「紺邑」さんこと紺邑君(こんのむらぎみ)です。

同名のHPがあると知った時点で、面倒なことになったなと思いながらインターネットについて調べ始めましたが、栃木県佐野市の(有)紺邑という染め物会社になりすまして営業行為を行っているわけではないにせよ、その会社の存在を認知してしまった以上、混同を避けるために、企業、つまりあなたに譲歩して改名をすることがマナーらしい。

昨夜、あなたの名前を名乗るアメーバブログのユーザーから、"(有)紺邑がネットビジネスを始めるまではブログを楽しませてもらう"という旨が記されたメッセージが届いたが、あれはおそらく一種の立ち退き勧告のようなものだったのだろうなと思う。

いずれにせよ、いささか不本意ではありましたが、腹をくくって「紺邑君」と改名することに致しました。「紺邑君」とは私の名前から1字とり、『神代紀』の「邑君」を足したものです。しかし、たかが1字とはいえ改名というのは過去を否定するかの如き行為だね。機会があればあなたも経験してみると良い(笑)

実際に一度は変えてみたものの、私は疲れ果ててしまった。もしこれで1年後に「紺邑君」という会社ができたら、また改名をしなければいけないのだろうからね。それではとんだイタチごっこだ。そこまで考え疲れたところで、私はもうブログの世界にはう関わりを持たないことにした。ブログは削除してしまった。

念のため、あなたにその経緯を説明しておこうと思ってここに書き込みました。今後はあなたの言う「何かの掲示板の様なもの」にも「紺邑」としては書き込まないつもりです。もう誰かを疑ったり、誰かに疑われたり、また見ず知らずの人間から突然に「変なもの」扱いされたりするのは気持ちが疲れますからね。

そのうち「紺邑」さんはインターネットでビジネスを展開されるとのことでしたので、これは吉報でしょう。なんて最後まで恨み節になってしまったけれど、口が悪いのはあなたも一緒だ(笑)まぁ、それもいいでしょう。今後のご活躍とご健勝をお祈り致します。

「もう一人の紺邑さん」は「名無しさん」でありましたか。
そんな感じはしておりましたけれど、わざわざのコメントをありがとうございます。
お待ちしておりました。
アクセスさえあれば、分かりますのでね。
この数日、随分と我が記事を読んでいただいているようでもある。

あなたの最後の記事の内容でも、前から私をご存じだと言うことも分かりましたし、もちろん、他の記事を第三者が読んでも同じ事だ。
ですから、紺邑という名も偶然ではなく、我が紺邑を意識したものと確信しております。
それでもブログが削除されてしまっておりますから、もう詮無きことでありますね。
もちろん、資料としてある程度は取っておいてありますが、これはマナーの問題ではなく法律上の問題だからです。
匿名掲示板の遊びの世界ではありませんからね。

>今後のご活躍とご健勝をお祈り致します。

あなたもご自愛下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/46413539

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い!:

« 歴史 | トップページ | 台風 »