紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 天狗 | トップページ | ノリ リズム »

2010年2月 4日 (木)

朝青龍引退 孤独

この度の事件の責任をとって、朝青龍が引退しましたね。

29歳ですから、まだ若い。

そして彼は、外国人です。

 
 
高校生の時に来日し、記者会見でも「水も違う、言葉も違う」と語っていましたが、異国での生活の孤独はいかばかりかと思います。

たまたま、我が業界の後輩が横綱の相談相手でしたが、そんな孤独を語っておりました。

  
栃錦の自叙伝を読みますと、そこには横綱の孤独が書かれております。

横綱の地位というものは、横綱でなければわからない事があるらしい。

幸い栃錦は、同時代に吉葉山、千代の山、鏡里など、弱くて問題はあったけれど仲間がいたし、彼らと人知れず会って、孤独を癒していたと言います(※)。

その後は若乃花という、時代を共有する大横綱が生まれた。

そして彼らは、長く相撲界にいた上に、日本人だし、年齢も30を超えておりました。
 

朝青龍は一人横綱の期間が長かったですね。

若い外国人力士の相撲界を背負うその孤独は、想像を絶するものでありましょう。

 
彼に相撲界を任せてきた人達の問題は、何も語られていないようです。

そして、ただただ彼を責めた女性横綱審議委員についても。

 

※昭和36年中央公論社発行「栃錦一代」p174「横綱の哀楽」には

「晴れがましくはなやかに見える横綱も、内心はつねに緊張感をもちつづけて孤独なもの、そういう機微がかようのは横綱同士だけなので、話も大いにはずんで、ずいぶんにぎやかな会になったものです」

と、彼らの会合について書かれています。

« 天狗 | トップページ | ノリ リズム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/47477552

この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍引退 孤独:

« 天狗 | トップページ | ノリ リズム »