紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 春の予感 | トップページ | 天気予報 »

2010年3月 6日 (土)

1日、薪運びをしておりました。

森林ボランティアの方が伐採した木を、我々が薪として使えるように切っていただいたものを、その方の畑に置いているのですが、そこにジャガイモを植えたいとのことで、今日中にその薪を全て片付けることにしたのです。

20100306151226 写真では大きさが分かりにくいですが、樹齢何十年の樫や山桜や木楢の太くて重い木々です。

軽トラック2台とワンボックスカー1台で3往復いたしました。

灰を得るためには、これも仕事の一環です。

 
 
春から夏は、薪ストーブが要りませんから、灰がなかなか手に入らなくなります。

栃木市に、ブラシ屋の旦那のお友達で、石窯でパンを焼いていらっしゃる方がいて、そこで灰が手にはいるらしい。

この薪を、月曜日に持って参りまして、灰を頂いて帰ってくる予定です。

 

20100306161544
我が工房の裏庭には、まだ薪になる木が山になっております。

欲しい方がいらっしゃれば、燃やした灰を頂くということでお分けいたしますよ。

 

さて、今の日本は、山の木を切っても利用する人もいませんから、山が荒れている。

だから、森林ボランティアが伐採する訳ですが、山持ちが伐採を頼んでこない。

切った木の処分に困るからですね。

 
私たちがそれを薪として使うために、今日のように綺麗になくなると、切った木が処分できると山持ちが分かる。

そうすると、伐採を頼んでくるから、山も荒れずにすむ。

そういう意味もある、薪運びでありました。

 

ところで、「薪」という字は「まき」とも「たきぎ」とも読ませますね。

どう違うんでしょうか?

« 春の予感 | トップページ | 天気予報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/47744636

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 春の予感 | トップページ | 天気予報 »