フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 福島県郡山市 | トップページ | 郡山通信 二日目  »

2010年3月24日 (水)

郡山通信 初日

最近の百貨店はみな、入るを量りて出ずるを為すで、出ずる経費の削減は、広告宣伝費から人件費にも及んでいるようです。

それについてとやかく言う立場ではありませんが、百貨店が集客に力を入れてくれなければ、我々は販売する相手を失い、売り上げを上げる術も失う。

簡単に言えば、悪循環だと、こう言いたいわけです。

今や、集客の手段として欠かせない広告宣伝費は、リスクになっちゃっているようです。

百貨店が出来ないなら、場所と名前を借りている我々がするしかない。

20万分配布したという今回のチラシは、全社写真入りで出ておりますが、たぶん、ブラシ屋の旦那がそれを請け負い、間接的に、我々出展者も、そのリスクを共有していることでしょう。

 

さて初日。

そのチラシ効果が、早速現れていたように感じましたね。

思いの外、お客様がお見えになり、それも、目的があるように見受けられました。

大きな物が売れ、小さな物が売れないという、昨今の傾向もあったようです。

 

チラシを全く出さなかったある大手百貨店の催事は、出展者みんなが泣くほどにお客様がいらっしゃらなかったといいます。

企画会社が入っていたようですが、彼らは何もせず、それこそ無為無策だった。

この大手百貨店の催事は、概ね失敗しておりますし、催事そのものを止め始めてもいます。

こういう企画会社は存在意義を失い、存続も危ぶまれるのではないかと思いますね。

 

それにしても、郡山は寒い。

雪が降るという予報もあるらしい。

お客様もコートをお召しだから、洋服を売るためには、そのコートを脱いでいただくことから始めなきゃならない。

一手間掛かるのでありますよ。

« 福島県郡山市 | トップページ | 郡山通信 二日目  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡山通信 初日:

« 福島県郡山市 | トップページ | 郡山通信 二日目  »