紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 藍染めを知った頃 | トップページ | 福岡三越 »

2010年5月25日 (火)

みっともない気持ち良さ

私は飛行機嫌い。

高所恐怖症でもある。

でも、北海道と九州へは、仕方ないから飛行機に乗る。

座席はもちろん通路側。

チケットを手配してくれる人が、気を利かせて窓際をとっても、席を代わってもらいます。

それでもその昔、アメリカで一週間に8回飛行機に乗って少しは慣れ、出雲大社にお参りしてからも、大分恐怖は薄れて参りましたが、でも嫌い。

 

滅多に飛行場に参りませんが、時折来ると、お客が様々に差別されているのが分かる。

ファーストクラスだ、何とかクラスだとかね。

チェックインするカウンターも違うし、入り口も違うし、待合いも違うし、搭乗の順番も違うし、席も違うらしい。

こういう席に乗り慣れた人達は、我々庶民の立場になかなか成れないだろうし、成りたくもないでしょうね。

庶民が無理してそういう立場になったときは、気持ちが良くて背伸びし無理して、大変だろうなと思う。

それが態度に出ると、自然じゃないからみっともない。

 

その昔、社会党が政権与党になったときがあった。

村山内閣です。

私が子供の頃から知っている社会党の有力代議士が、「君、与党というのは気持ちが良いぞ」と宣った。

それを思い出しますが、現社民党が政権を離脱できないのは、そういうみっともない態度のように私には見えるな。

« 藍染めを知った頃 | トップページ | 福岡三越 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/48453356

この記事へのトラックバック一覧です: みっともない気持ち良さ:

« 藍染めを知った頃 | トップページ | 福岡三越 »