フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 福山3日目 | トップページ | 「過ぎたるは及ばざるがごとし」というお話し »

2010年9月18日 (土)

福山四日目 「根本的な問題」

天満屋という百貨店の福山店に居るわけですが、天満屋に縁が無かったわけではありません。

 

本店の岡山店では、何回かお世話になっておりました。

 

そこでなにか、こちらが呆れるようなことがあって、出展を取りやめたか断られたかした覚えがあります。

 

今回は、ちょいとした義理もあって来てみましたが、やはり、呆れることばかりだな。

 

 

 

先ずは、催事を企画した担当者に、四日目になりますがまだ会っておりません。

 

朝礼にも挨拶にもこない。
 

 

次に、フロアーでやっていることに、何の意味も感じられない。
  

 

催事場三つに分かれ、アイデア商品が並び、その隣では通販のセシールの大バーゲンをやっていて、ワンピースが300円、Tシャツが100円、ジーパンが670円という世界があり、その奥では「手作り展」があり、日本中から、いわゆる「手作り作家」達が集まっている。

 

  
朝出勤すると、偉いさんとおぼしき社員が、担当者に「そこの通路は広すぎるな」などとレイアウトに対して指示をしている。

 

私には、ママゴトのように見えるし、「その前に、企画そのものを見直せ。遊んでんじゃねぇー」と思いながら見ていた。

 

 
バーゲンの隣になった「手作り展」の人達は、少し離れた会場の私たちの所に来て、「こちらは高級感があって良いわねぇ。私たちの所なんか、隣がバーゲンよ!あれじゃー売れないわ」と嘆いて行く。

 

ところが私たちの所では、「セシールのバーゲン会場はあちらでございます」と、若い男の担当者が大声を出して客引きをしている。 

 

そして隣の幼児用品売り場では、「赤ちゃんのハイハイゲーム」とやらが始まり、マイクを使って大声でイベントをやり出した。

 

   
結果はどうかと言えば、Tシャツ100円のバーゲン会場にも催事会場全体にも我が会場にも、人影もない。

 

隣の赤ちゃん達も、イベントが終われば閑散たる物だ。

 

 
 
朝礼では、昨日の売り上げと店の予算が発表された。

 

驚いたことに、出展者全員が嘆くこの成績で、百貨店の予算を上回っているという。

 

私は、「予算はいわない方が良いよ。天満屋の恥だぜ」と、朝礼で云わせてもらった。

 

 
予算とは売り上げ目標のことですが、出展者の我々も百貨店も、双方が納得できる目標設定にしなくてはなりません。

 

そして双方が、達成のために努力する。これが当たり前のことだ。

 

ところが天満屋は、自分勝手に目標を設定していて、それが我々にとって赤字であろうが何だろうが構わないという姿勢だ。

 

これじゃあ、この世界が成り立ちません。

 

  

 

こんなことは、百貨店経営上の根本的な問題じゃありませんかね。

 

今日も偉いさんとおぼしきスーツ姿の人達が、視察のようなことをやっていたけれど、彼らは何を見て何をしようというのでしょうか。

 

 

 

我々は、日本中の百貨店を知っています。

 

そして、誰かに会えば、あの店はどうだこうだという話しになる。

 

この店は、如何ともしがたいな。

 

 

 

出展者を集めたのは私だけれど、皆さんにはどうにも申し訳がないけれど、しかし、「禍福はあざなえる縄のごとし」というし、世に偶然はないとも言う。

 

これも何かの縁だし、なにか意味あることなんでしょう。

« 福山3日目 | トップページ | 「過ぎたるは及ばざるがごとし」というお話し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人は物事に対して表現の仕方は違っても感じ方はだいたい同じなんですね。
ただし誰もが正直にしかもストレートに物言いが出来るわけではありませんが共感出来ます。組織の中に居る人等は外部の人間の事情や痛みに気づかないのでしょうかね。。。。
そんな事にも気づかないからお客様の心理も読めないという悪循環。。。。
最底辺を経験すれば今後どんな売場でも感謝出来るような気がしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福山四日目 「根本的な問題」:

« 福山3日目 | トップページ | 「過ぎたるは及ばざるがごとし」というお話し »