紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 肉体労働 | トップページ | 今日の一日 »

2010年10月 7日 (木)

ホームページ作りと藍染と

私は自分でホームページを作っています。

作らざるを得なかったからで、知識も経験も何もなかった。

まあ、紆余曲折あったけれど、善し悪しはともかく、何とか公開できています。

 

作って分かったことは、餅は餅屋だけれど、成せば成るとも言える事だな。

色々教えてくださる人もいて、ありがたかった。

 

やってみると、出来ることと出来ないことや、その程度問題も分かってくる。

「ご自分でホームページを作ってみる事は、業者が玄人面してもったいぶった言い方をしても、それがハッタリかどうか分かるだけでも価値がありますよ」とある人に言われたけれど、その通りだと思いましたね。

そして、ホームページの出来不出来が、素人ながら少し見えるようにもなった。

 

藍染の世界も、素人とは言っても日本中で本建てをなさっている方がいるから、もったいぶった言い方をしても、そう言う方にはハッタリは通用しない。

 

先日も高崎で、私のウールのベストをご覧になっている女性がいらした。

「ウールが染まるんですねぇ」としみじみとおっしゃるから、「灰汁で建てて石灰も使わなければ、綿と同じように染まりますよ」と言うと、「やってみます」とまたおっしゃる。

この方、バケツにだけれど、灰汁で建てているし、石灰もほとんど使っていない。

「一冬越すと、生きているんだけれど染まらないのは、どうしたら良いんでしょう?」と聞くから、参考までに意見を言うと、「わかりました。良いことを教えていただいた」と、喜んでお帰りになった。

職人の私と、ちゃんと会話になっている。

 

紺邑にも、本建てをなさっている方が時々お見えになる。

この間もお二人入らして、藍染を買ってくださり、もう一人は染めを注文なさった。

「ご自分で染めれば良いのに」というと、「この色は出ません」と言ってくれた。

ありがたいですねぇ。

 

プロの方々は、私を含めてしっかりしないといけません。

« 肉体労働 | トップページ | 今日の一日 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/49681022

この記事へのトラックバック一覧です: ホームページ作りと藍染と:

« 肉体労働 | トップページ | 今日の一日 »