紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 新宿通信 2日目 | トップページ | アンゴラとウールの広幅 »

2010年11月19日 (金)

アルパカを藍染 それも広幅

納品が遅れているアルパカを染めましたが、手間が掛かりました。

染めも洗いも、綿や普通のウールよりも、丁寧に優しくしてあげなければなりません。

2

綺麗に染め上がったと思います。
 

時折「藍染はどんな繊維が染めやすいですか?」と聞かれますが、綿だから絹だからどうだと言うよりも、それぞれの糸の質に依るのですね。

糸が良ければ良く染まる。

お聞きすると、これは合成染料でも同じ事だそうです。

 
ケープも出来上がったので、お隣の足利まで取りに行くと、街中が大渋滞。

渡良瀬川沿いを走って帰って参りましたが、西宮神社の恵比須講だった。

茂呂君の九・一蕎麦が食いたかったな。

20101120131445_2

写真は出来上がったウールケープ。

アルパカ・リャマ・モヘアの混紡の布を藍染めし、パッチワークで仕立てました。

マントと違い袖がありますので、下から風が入り難く、暖かです。

軽くて着易く脱ぎ易く、着せ易くて脱がせ易いユニバーサルデザイン。

若者からお年寄りまで、幅広くお召しになれます。

« 新宿通信 2日目 | トップページ | アンゴラとウールの広幅 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/50077781

この記事へのトラックバック一覧です: アルパカを藍染 それも広幅:

« 新宿通信 2日目 | トップページ | アンゴラとウールの広幅 »