フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 人の噂・印象・評価 | トップページ | 旧暦から季節を計るというお話し »

2010年12月 4日 (土)

猪・鹿肉

 ただただ藍染めに勤しんでおりますが、気が付くと土曜日。どうも、曜日の感覚に私は乏しいようだ。

 星野さんが、鹿肉を持ってきて下さった。

 薪ストーブの炎で軽くあぶり、タタキにしていただきましたが美味でありますねぇ。レバーは刺身。都会に住んでいては味わえないことだ。

 鹿は今朝、閑馬の奥の罠に掛かった物。そのご近所は、鹿とイノシシの被害で畑作を辞めてしまった。

 ですから、美味しいとはいえ、単純に喜ぶことは出来ません。10年くらい前までは、閑馬にはイノシシも鹿もいなかったから、安心して農業ができた。今は、手塩に掛けた農作物が、あっという間に食われてしまう。

 森に食料がなくなったからと言いますが、これは、日本の森林の問題だろうと思うな。

« 人の噂・印象・評価 | トップページ | 旧暦から季節を計るというお話し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今、森林も鹿の被害でひどいということです。
狩猟人口も減って、駆除もままならない状況と聞いてます。

森の再生無くして日本の再生無し!なんて、小泉さんの口調のようですが、私は本気でそう思います。
なんとかせにゃなりません。
先ずは、小さいところから、灰を使って藍染めだ。

鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪・鹿肉:

« 人の噂・印象・評価 | トップページ | 旧暦から季節を計るというお話し »