紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 森林 | トップページ | 佐野市の宣伝マン就任 »

2011年1月18日 (火)

「灰汁」の用途 生糸

今日はまた、灰汁を取りました。
 
今回は、藍建てや手入れのためではなく、精練のためです。
 

「精練」とは、動植物繊維から雑物を取り、染めやすくて仕上がりの良いものにするためにする洗濯みたいなものです。

様々な方法があると思いますが、紺邑では灰汁で精練します。

それ以外は、全く使いません。


古来日本では、絹糸の精練も灰汁を使用していたようです。

この方法ですと、絹糸の表面のセルシンというアミノ酸が取れすぎると言うことがなく、絹糸の風合いを損ないません。

座繰りなど、手で優しく繰ると、張りもちょうど良い。

だからその糸を「生糸」、つまり、「生きている糸」と言ったわけです。


ところが最近は、灰汁が手に入りませんから、精練に強い薬品を使うために、セルシンを全て取ってしまう。

繰りも機械でするので、糸が伸びきった状態にもなる。

ですから、「生糸」と呼べない絹糸が出来上がり、風合いも昔とは違うものが出来上がるようになった。

灰汁の力は、凄いです。


紺邑では、藍の液に布や糸を入れる前にも、灰汁に万遍なく浸けて空気を抜き、藍が付着しやすいようにしております。

仕上がりもちがいますが、藍の液の寿命も違うように思いますね。

« 森林 | トップページ | 佐野市の宣伝マン就任 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/50637724

この記事へのトラックバック一覧です: 「灰汁」の用途 生糸:

« 森林 | トップページ | 佐野市の宣伝マン就任 »