紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 体力 | トップページ | 仙台初日 »

2011年1月25日 (火)

鹿肉 そして仙台へ

ここのところ、頻繁に来客がある。

毎日、賑やかになりました。

それも、多士済々だ。

 
20110125122024高橋さんと中沢さんは、紺邑の前の竹林で竹を切っています。

竹墨を作るためです。

なんで竹墨を作っているかというと、知的障害者が出来る仕事を作り、収入を得られる道を開きたと考えているからです。

今は、その基礎作りの段階。

高橋さんは長い間、教師として彼らに接してきて、リタイアした後この仕事を自分で作った。

毎日、楽しそうに竹を切っております。

足利で私のボランティア仲間でしたが、偶々近くに窯を持って挨拶に入らして再会した次第。
 

中沢さんは会社をリタイヤした後、ボランティアに興味を持って参加。

今では、高橋さんの立派なパートナーだ。


まるで職人のような二人ですが、星野さんが持ってきて下さった鹿のハツとレバーの刺身を初めて食して感動している図が写真です。

20110125122044

鹿はもちろん、今朝取れた物。
 

藍甕の隣ですが、紺邑の藍は自然発酵の本建てですから全く臭くありませんので、食事も出来るとこういう訳です。
 
 
午前中は、蕎麦屋の久保さんが、餅を持ってきて下さって暫し懇談。

そこに、溝越し君が犬を連れて寄ってくれ、星野さんも鹿肉を持ってきて下さった。

私が染めながら、仙台に行く準備もしながらですから、賑やかでしたね。

紺邑の「邑」の字は、人が集まるイメージで選んだもの。

「名は体を表す」と言いますが、その通りになって参りました。
 

午後になってようやく仙台に出発できた。

着いたのが夜になってしまったので、誰もいないかと思いきや、準備をしている人たちも沢山いて一安心。

ホテルに入り、後はサッカーを見るだけだ。

 


« 体力 | トップページ | 仙台初日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/50690239

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿肉 そして仙台へ:

« 体力 | トップページ | 仙台初日 »