フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 嵩上げ | トップページ | しもつかれ »

2011年2月18日 (金)

政権交代

このブログでは、政治の話しを極力しないように心がけております。

日本は民主主義だし、言論の自由もありますけれど、その影響というのは、経験上、成熟していないように思えるからです。

 
それにしても、世は不景気です。特に、消費の世界は酷いな。これは、国民の豊かな暮らしを守るという、政治の目的がなされていないと云うこと。

領土問題も、尖閣・北方領土など、日本を傷つけている。朝鮮半島情勢も中共の軍備拡大も、日本の安全保障を脅かしている。これも、国民の安全を守るという、政治の大目的がなされていないからだ。

エジプトの政変の時、邦人救出のために政府は何をしたか。チャーター便を出してその費用を利用者から調達するらしい。これでは安心して海外にも行けません。

 
そんな中で、民主党の衆議院議員16名が、新しい会派を立ち上げるという。

気持ちは分かるな。

民主党の支持率がこれだけ下がれば、彼らに明日はない。

しかし、国を考えれば、そんなことをしている秋(とき)なのだろうか。

小沢さんも菅さんも、あるのは政局と保身であって、国と国民が無いように思われる。

彼らが何故政治家となり、何をしようとしているのかと云う、政治の目的が見えませんね。
 
 
政権交代というのは、政治的目的ではなく手段でありましょう。

民主党は、手段を目的として選挙を戦い、多くの国民はそれを支持した。

その結果が、今。

 
国の安全を守り、国民が豊かに安心して暮らせる社会にするための手段としての政権交代なら、今なされるべきだと私は考えますね。

小泉さんは予言者のように、「民主党に一度やらせたらよい。そうすれば、国民も民主党も政治が分かるだろう」といった。

そのようになったのかもしれない。

しかし、国と国民の負った傷は深い。


« 嵩上げ | トップページ | しもつかれ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代:

« 嵩上げ | トップページ | しもつかれ »