紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« アート街道66 反省会 | トップページ | 染め仕事 続き »

2011年3月 8日 (火)

染め仕事

今日は、一日中本業。


日傘用の麻布を籠染めし、綿布を濃紺に染めましたが、これは仕上げで、ほぼ3日は掛かっています。

 
注文のブラウス一枚と、綿と絹のストールを各々一枚。

靴下を20数足。

これらは染め上げた。

 

正絹の反物も三枚染めましたが、これが仕上がるのは、毎日染めたとしても来週末になるでしょう。

それでも、薄目、中くらい、濃いめと3種類の藍甕が偶々ある今がチャンスなので、しっかり染めることにします。

 
先ずは、灰汁に浸けて織り目から空気を抜いた反物を、薄い色の藍甕に入れて、液の中で、静かに三度転置させしばらく漬けておき、絞らずに出して水洗いをし、絞らずに天日に干す。

乾いたら灰汁に浸けて、同じ事の繰り返し。

水色がしっかり着いたら、中くらいの藍甕で、同じように染めて青色まで持って行く。

最後は、濃い目の甕で、何度も何度も染めることになるでしょう。

その間、洗いをしっかりして、天日でしっかりと干す。

これが、正絹の反物を無地に染める行程です。

割合、手間の掛かる染めなんです。

 
写真を撮る余裕は、全くなし。

クタクタになって、今晩は腹が減って、晩酌よりもしっかりとご飯を頂きました。

 
明日は、午前中染めをして、県北の大田原市に行って参ります。

農業のお話し。

« アート街道66 反省会 | トップページ | 染め仕事 続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/51069835

この記事へのトラックバック一覧です: 染め仕事:

« アート街道66 反省会 | トップページ | 染め仕事 続き »