フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« ガッツ! | トップページ | 正藍染めの「灰作り」 »

2011年7月30日 (土)

阿波藍の「土作り」

 さて、そろそろ本題に入らなければならないけれど、その前に、阿波藍が何故優れていて、日本中で使われていたかを考える必要があると思う。それは質がよいからだと書いた。

 質とは、洗練された色が出せ、藍分を多く含み、醗酵がよいこと。その為に、良い土をこしらえた。

 手元に「正藍染」という本があるが(昭和52年発行・泰流社)、そこに二代目佐藤平助さんという人が出て来る。

 ライターの中谷寿志氏によれば、「佐藤平助さんは今年(昭和52年)70歳。文字通り藍ひとすじに生きてきた人である」という。

 その佐藤さんは「藍を作るんは、心で作るんじゃの。先ずは土を十分にこしらえて、それから大事に種を播くんだわの」とおっしゃる。「土を十分にこしらえる」とは、苗床をよく整地し、元肥をやること。肥料はほとんどが干鰯(ほしか)で、これが高価なために「金肥(かねごえ)」と呼ばれていたという。当時佐藤家は25頭の牛を飼っていて、肥料は全てその牛に頼っていたそうな。

 1ヶ月もすれば芽が出て、施肥と間引きを3~4回繰り返し、播種から75日ほどして本畑へ移植し、さらに5~6回施肥をし、移植後75日から80日くらい立った盛夏に刈り取る。

 そして平助さんは「藍が育ってくると、葉を取って掌で揉んでみる。その汁で藍の気持ちがわかるんだわ。ああ、肥しが欲しいんだな、というふうに。それがわかるようになるまでは十年も二十年も、かかるんだの」と語る。

 こういう風に、丹精な土作りから、優れた阿波藍が生まれた。

(続きます)

 

« ガッツ! | トップページ | 正藍染めの「灰作り」 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿波藍の「土作り」:

« ガッツ! | トップページ | 正藍染めの「灰作り」 »