紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 灰汁(あく)とふすま | トップページ | 中学生達 »

2011年8月16日 (火)

「アート街道66」Website 誕生!

栃木県佐野市の田沼地区から、紺邑のある閑馬を抜け、群馬県桐生市の大通に至る街道を、県道66号線といいます。つまり、ルート66!

我々団塊の世代には懐かしいアメリカのテレビ番組に「ルート66」と言うのがありますが、若い方はご存じないだろうな。

当時のアメリカを代表するスポーツカー「コルベット・スティングレー」を駆って、シカゴからL・Aまでを旅する二人の若者の物語です。

主題歌も大ヒットしたし、私の愛唱歌でもある。

ご近所の青木さんなんて、アメリカまで行ってルート66を車で走ったそうな。

 

さて、佐野のルート66周辺に、いつの間にか工芸やクラフトの作家達が集まっていました。

示し合わせ、紹介し合って集まったわけではなく、顔見知りというわけでもない。

 

ある日、地元の雑誌「渡良瀬通信」が、この作家達を特集してくださった。もちろん、私もです。

そこで初めて知った方々の如何に多いことか、驚いてしまいました。

この機会に、作家達のネットワークを作り、それぞれに刺激し合い、助け合えたら良いなと考え始めちゃった。

 

渡良瀬通信編集長の野村さんとは、もう30年来の友人だから、彼にも頼んで皆さんにお声がけして、紺邑にお集まりいただいた。

そして出来たのが、佐野に集う作家達「アート街道66」というネットワークです。

 

参加作家は、基本的には県道66号線周辺で活動している人。

入るのも自由、辞めるのも自由で、なんの制限も決まりも無し。

 

イベントをやろうと言うことになった。

題して「アート街道66展」。

先ずは言い出しっぺの紺邑で、第一回目をしました。

イベントをするには、代表が要るというので、私が便宜的に実行委員長となりましたが、別にリーダーというわけではない。

やってみたら、600人を超える人達が、山の中の紺邑に来てくださり、思わぬ大成功。

そこに来てくれた東武宇都宮百貨店の催事担当酒見さんが、「うちでもやりませんか」となって、百貨店で展示会までやってしまった。

 

今度は、ホームページを作ろうと言うことになった。

ところがです、この作家達の中には、パソコンどころかテレビを持っていない人もいる始末。

インターネットもしていないくらいですから、みんなでホームページを作るなんて難しいだろうな、とは思った。

そこになんと、ご近所の吉田さんが手を挙げてくださり、「作りましょう」と言ってくださった。

ボランティアですよ。

ただし、写真がキモだと彼は言います。

 
 
佐野メディア」という雑誌に、私が紹介されたときのカメラマンが素晴らしいから、あの人に頼みましょう!と言うことになった。

これだけはさすがにちょっとお金がかかる。

とにかく、皆さんに一度集まってもらって話しをして、参加する人だけで作ってみようと言うことになった。

宴会を兼ねて紺邑で会議をしてみたら、全員参加するという。

パソコンもテレビもない人もやるという。

こっちが驚きましたが、それがついに出来上がり、ネット上にアップされました。

 

いつものように説明がくどいけれど、美しいと評判のWebsiteを、是非、ご覧下さいませ。

アート街道66 手仕事の作家達 ~on Route 66 in Sano~

 

« 灰汁(あく)とふすま | トップページ | 中学生達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/52487172

この記事へのトラックバック一覧です: 「アート街道66」Website 誕生!:

« 灰汁(あく)とふすま | トップページ | 中学生達 »