紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 町田5日目 | トップページ | 町田総括 »

2011年9月20日 (火)

刃物屋の引退

大阪の堺と言えば刃物の産地で、「堺の打ち刃物」と云えば昔から名が通っているし、私もこのブログで、本焼について紹介させていただいております。

そんな堺の刃物屋さんで、古い付き合いの「カモシタ」というお店があります。

大阪の近鉄百貨店上本町店で「職人の技展」が始まったとき、その草創に尽力したのも、「カモシタ」の立花さんという人だった。

代表の藤村さんを陰で支え、売れもしなかった催事を大きくし、それが日本中で今開かれている「職人展」の大元になっているのです。
 
「カモシタ」は、現在の「職人展」の存在の、大功労者の一人です。
 
  

催事の売上が上がり始めると、出展したい連中や、影響力を持ちたい連中から様々な動きが出て来て、「カモシタ」の立花さんや、その他の草創に力を尽くした大阪の人達は、はじかれてしまった。

はじかれた人達の傷は、今でも深い。

はじいた人達はそれに気付きもせず、草創の努力に目を向けることも知ることもせず、催事がどうだ、業者がどうだと理屈をこねる。

そう言う人達へは、神がちゃんと報いを与えているように、昨今、私は感じております。

 

今回の町田小田急は、紺邑と中島洋傘の二人展でしたが、実はその側で、「カモシタ」も出展しておりました。

「カモシタ」と小田急の付き合いは、もう何十年にもなる。

その28年間を担当していたのが、私とも古い付き合いの熊本さんだ。

20110920101958_2

ここのところ会う度に、「もう、身体がボロボロです」とおっしゃっていたけれど、遂に、この町田小田急を最後に引退なさることになった。

今日が、熊本さん現役最後の日となりました。

 

朝礼の最後に、担当の高坂君が、「皆さんと長い付き合いだったカモシタの熊本さんが、今日で引退なさいます」と云って、社員一同からの記念品が渡されるというハプニング演出があった。

あいさつを求められた熊本さんは、暫し言葉に詰まりながらも、「私の人生で最良の日となりました」と語った。

彼と百貨店の人達とが、いままで素晴らしい関係を築いてきたことが分かりますね。

 

熊本さんは、とにかくよく働きます。

朝早く出勤して、お客様から預かった刃物の研ぎを始め、閉店後も消灯ギリギリまで研いでいる。

営業中はもちろん研ぎっぱなしで、中島さんも「あんなにまじめに働く刃物屋さんに初めて会いました」と云うくらいなものです。

 
 
熊本さんが引退した後のカモシタには、溝口さんという後継者がいる。

この人もまた、先輩の後ろ姿を見ているせいか、本当によく働きます。

20110920102019_2

研ぎは手研ぎで、けっしてグラインダーなどを使うことはない。

研ぎだけで一人前になるには、相当時間が掛かるとは、熊本さんの言。

そう言えば、堺の本焼の職人が、「鍛冶屋は鍛冶屋の、研ぎ屋は研ぎ屋の本文を尽くしていけば、堺の刃物はまだまだ大丈夫だ」と語っていたのを想い出しました。

 

熊本さんには、長い間ご苦労様でした。


« 町田5日目 | トップページ | 町田総括 »

職人」カテゴリの記事

コメント

長年、ご苦労様でした。
お陰様で、我々、後輩が商売をさせて頂くことが出来ます。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/52786987

この記事へのトラックバック一覧です: 刃物屋の引退:

« 町田5日目 | トップページ | 町田総括 »