紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 町内行事 | トップページ | 東京都町田市へ »

2011年9月12日 (月)

青い手

 私の手は、写真のように青い。

20110913063138

 素手を液の中に入れて染めているからで、これがいわゆる紺屋の手だと思っている人たちがいます。先日出席したフォーラムでも、私の手を見て「私は、紺屋の手が大好きです」と言って来たご婦人がいた。
 どうも困ったもので、紺屋の手は青いと思っていらっしゃる。

 実際は、青い手をした紺屋もいれば、青い手をしていない紺屋もいるのです。

 そもそも染めは、道具を使うし、職人はそれを工夫してきた。これは、生産効率を上げる為の機械化に通じるようだけれど、根本的に違う。道具は、「本質を損なうことなく、生かす」ということが前提だからです。

 例えば、反物を染めるときには伸子(しんし)を張る。糸染めなら「かぎ手」を使う。だから、手が染まるようなことは無い。私のように、手が染まっている紺屋の方が少なかったでしょう。つまり、手が青いなんていうのは、道具を使うという知恵を働かせていない証拠みたいなものです。

 伸子を張って布染めをすれば、藍染めの液が痛まないから、私だって使いたい。なぜ使わないで素手で染めているかといえば、染めるものが昔と違ってきたからです。

  
 下の写真は、広幅のウールの生地です。
 
20110913071109
 
 良くごらんいただければお分かりと思うけれど、ステンレスの物干し竿が、布の重さでしなっています。二本使っているのですが、それほどに重いのです。
 これだけ重いと、伸子を張って染めることは出来ませんから、写真のように素手で染めるしかない。
  
Om2_1525_2
 
 甕も道具ですから、広幅の布を染めるために工夫をして大きな藍甕を作り、素手で染めるしかないから手が青いというわけです。
 
 伝統工芸も時代とともに変わる、または変わらねばならないと言うのはこういうことで、本質は何も変わらないし、変わったら伝統もへったくれもありません。

 
 染めに手袋を使うという人がいます。これには、二つ意味がある。

 一つは、手が青くなるのがいやだから。もう一つは、手が荒れるからというもの。これは、今風の化学建ての藍染めっていうだけのこと。
 そもそも、ゴム手袋など世の中には無かった。それでも藍染は何千年と続いています。

 私の尊敬する藍染師は、「藍染めは、液の中に入れたものだけが染まります。外に出てきたものを触っても、染まることはありません」と言った。けだし、名言。
 彼は「かぎ手」を使う糸染めの人ですから、手は全く青くなっていません。外に出した藍染めの糸をいくら触っていても、手に染まることはありませんから。

 

« 町内行事 | トップページ | 東京都町田市へ »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/52717653

この記事へのトラックバック一覧です: 青い手:

« 町内行事 | トップページ | 東京都町田市へ »