紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 手入れ | トップページ | 秋の一日 »

2011年9月26日 (月)

大変

【大変】を辞書で引くと・・・
1 重大な事件。大変事。一大事。
2 物事が重大であること。また、そのさま。
3 苦労などが並々でないこと。また、そのさま。
っとありますが、文字通り、大変な一日でした。

 

先ずは女房殿が、明日からの札幌三越で開かれる「日本の職人『匠の技』」という催事に出展するために、バスで羽田に向かうことになった。

バスターミナルに送ってゆく途中、「飛行機のチケットは?」と云う。

なんと、家に忘れてきたらしく、取りに戻ったら、バスに乗り遅れた。

 

電車やその他のバスの時刻表を調べたら、何をやっても飛行機に間に合わないので、私がそのまま、車で羽田に送って行くことに。

午前8時15分に佐野を出て、途中混んだけれど、10時ちょっと前に羽田空港に着いた。飛行機は11時発ですから、余裕だ。

 

やれやれと昼過ぎ家に着くと、札幌から「あのー、御社の荷物が届いていないんですが、調べてみてくれますか?」と、企画会社の小山さんから電話。

そんな筈はない。なにせ、小田急町田店を20日に終わり、そのまま23日必着で札幌に荷物出ししているはずだからです。日程に、もの凄く余裕があった。

荷物を預けた佐川急便に電話したら、「台風の影響で、荷物が着くのは明日になります」と、暢気な答えが返ってきた。

台風なんて、そりゃあ、大きかったけれど、あっという間に通り過ぎたはずだ。そんなことは、日本の常識。

ましてや、23日必着で出している荷物が、27日になるとは何事か!

遅れるなら遅れるで、言ってくれればこちらで対処も出来た。

 
それからが大変。

町田小田急担当の高坂君からも、札幌からも、佐川に連絡入れてくれて様々に交渉。

三越は、明日の朝7時に荷物を上げられるようにしてくれた。そうすれば、なんとか開店に間に合う。

佐川に電話して、「なんでも良いから、明日の朝7時に荷物を付けてください。三越にも交渉して、開けてくださるそうです」となった。

やれやれと思ったら、「やはり、明日の15時近くに札幌に着くことのなります」と、佐川から連絡があった。

「そりゃ困る。飛行機出してもヘリコプターを用意してでも、荷物を明日朝入れて下さい。仕事なんですから当たり前でしょ。取りあえず、荷物が今、何所にあるのかだけでも教えてください」なんてことなどをやりとりしても、「済みません、やはり、明日の午後になります」という結論を出されてしまった。

 

私は、仕事に穴を開けたことは、この生涯でワンステージだけ。

長崎の仕事だと思って行ったら、福岡だったことがあり、慌ててタクシーを飛ばして行ったけれど、ワンステージ穴を開けた。

生涯にたった一度だけのことが今、起こりつつある。

いや、今度はまるまる一日穴を開け、それどころか、お客様と三越と他の50人の職人と企画会社に迷惑を掛けてしまう。

佐川急便は、なにをどう考えているというのでしょうか。

「なんとか明日の朝7時にはご連絡できるようにします」というけれど、連絡してくれたって、荷物が着かなければどうしようもない。

台風で間に合わないと分かれば、私が自分で札幌まで荷物を運ぶことも出来た。女房殿を羽田に連れて行き、長崎から福岡までタクシーを飛ばしたようにです。

23日必着の荷物が27日になるなら、それなりの連絡をして対処するのが、仕事という物でしょうに。

 

飛脚はダメだと皆さんおっしゃる。ネコにすれば、こんな事はないとも。

そんな評価があるだけでも、恥を知らなきゃなりませんね、佐川さん。

 

結局、女房殿も明日、開店に間に合うように出勤することになったけれど、商品が無いから何も出来ない。

御来店いただいたお客様に、謝る事しかできません。

電話すると、「今日は大変だったの。羽田で飛行機に不都合があって、45分も待たされたのよ」ですって。

 

これだけ色々あれば、後は良いことしか待っていないでしょう。

「人間万事塞翁が馬」、「人生は糾える縄の如し」と言いますからね。

そう考えるしか、無いじゃありませんか。

« 手入れ | トップページ | 秋の一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大川さん、
大変でしたね。一日の中での、心の中の葛藤が手にとるように伝わってきましたよ!
私のほうも、先週月曜日19日に相模原から出した荷物が、昨日26日に、「まだ届かない」と、大騒ぎ、
台風で遅れたのと、23日に配達しに行ったのだが、不在で持って帰ったそうだ。それだったら、「不在票を置いていけ!」と言いたい。

私の方は、別に急ぐ荷物では無かったので、事なきを得ました。

心中、お察しいたします。

高江さん、お察しいただいてありがとうございます。
小田急にも三越にも、出展している仲間にもお客様にも、大変ご迷惑をおかけした。
私もこうならないように、自戒しなきゃなりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/52840355

この記事へのトラックバック一覧です: 大変:

« 手入れ | トップページ | 秋の一日 »