紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 日傘用の藍染 | トップページ | リサイクル文化の日本 »

2011年9月25日 (日)

SNS 特にfacebookというやつ

百貨店に出展していますと、「いつ染めるんですかぁ?」と疑問を投げかけられることがある。つまり、「本当は、染めていないんでしょ!」と暗に言っているわけだ。

ある著名な藍染師に、「あの方(私のこと)は、職人ではありません」と言われてもいるらしい。
 
 

私は確かに、染めの職人らしくないのかもしれない。それは、歌い手だという経歴も容姿も関係するのだろう。

「私は藍染めをしています」なんて言うのは簡単だけれど、それをどう証明するかといえば、そりゃ、実際に見てもらうか、信じてもらうしかない。
 
しかし、噂は根拠も無くあるし、人間には、邪推や思い込みってものもあるから始末に負えないときもある。

手が青くなっていても、「わざわざ手を染めている」と噂が立てば、「へぇ、そうなんだ」なんて話にもなるし、世間はそういうものでもある。

 
そんなことを私は全く気にしてはいないけれども、何が言いたいかというと、ネットは便利だということ。

 
このブログで私の日々を書いていれば、染めているなということもわかるでしょうが、これも脚色できないわけじゃない。嘘を書けば良いことですら。

ところが、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)というやつが現れた。たとえば、ミクシィやフェイスブックなどですね。

これには、なかなか嘘がつきにくい。特に、フェイスブックは実名ですから尚更です。そして「お友達」には、ご近所さんもいれば、家族も仲間もいる。

だから、嘘は直ぐにばれる。

 
これは面白いと、パソコン音痴の私でも思います。

 
たとえばこの写真は、昨日染めたものを、今私が干した風景。

20110925070918

今、工房にいらっしゃれば、この風景が見られる。


こういうことを時々刻々と発信できるというのは、割合凄いことだと思いますね。

ホームページやブログでは、こうは行きません。って、ブログで書いているところもまた、ネット社会の面白さでしょうかね(笑)


« 日傘用の藍染 | トップページ | リサイクル文化の日本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブログを発見しました!
当店のメインブログに、LINKしてもいいでしょうか⁈

ご意見は、私にとって大切な勉強の場♫
今後も宜しくです。

歌も歌われてたのですね⁈

Barkenさん、どうもどうも。
Linkは是非してください。
歌は今でも歌っていますよ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/52824895

この記事へのトラックバック一覧です: SNS 特にfacebookというやつ:

« 日傘用の藍染 | トップページ | リサイクル文化の日本 »