フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 被災地支援イベント | トップページ | 藤沢へ »

2011年10月10日 (月)

草木染め

 日本には「草木染め」という言葉はありませんでした。これは、山崎さんという方が昭和になって商標登録をなさった、いわゆる「商標」です。つまりは、伝統的な染色ではありません。

 しかし、植物から染料をとる染めは古来からあった。これは、伝統工芸です。違いは何かと云えば、藍染と同じで、結果が違う。色や堅牢度や役割です。

 それをこのブログでは、「黄八丈」を例にとって書かせていただいた。

 

 本日千葉県から、深緑色の暖簾を染めたいとおっしゃる、かわいらしい女性がおいでになった。深緑を綿地でどう染めるか、考えてみました。それも、藍を使って。どう考えても、藍染は「青」ですから、重ね染めをしなければなりません。その色は濃くて明るい黄色か橙色。

 さて、それを草木で染めたいという。

 私は草木染めは専門家ではないけれど、少しは知っているから「無理だと思うから、合成染料でお染めになって、その上に藍を付けたらどうですか」と、提案させていただいた(本来は藍を染めてから黄色を染める)。

 それでも、草木染めにこだわっているので、専門家の日野初江さんの工房にお連れしてお話しを伺うと、私と同じ事をおっしゃる。

 「あのね、藍染で深緑に染めるには、黄色を重ねて染める必要があるわね。でもね、時期が悪い。草木で染めるには時期があるの。でもね、きっと無理だと思うわね。この綿地に何度も何度も重ね染めしてみても、きっと斑々できれいに染まらないと思う。だから、合成染料を使った方が良いわよ。日本の染色技術は馬鹿にした物じゃないの。だから、その上に本染めの藍を付けて貰えば、それで十分よ」と。

 その上で、日野さんの染め場を見せていただいたら、海老さんも納得なさった。

 暖簾に文字を入れたいとおっしゃるし、下染めもしてもらわなければならない。

 足利に名人がいますから、その方に深緑の染め方の話しをすると、私たちと同じ事をおっしゃる。その下染めを頼んでみるとOKが出た。ついでに、文字も入れてもらうことに。

 これで全て解決。名人は、サンプルを染めてくださるそうです。
 両毛と云うところは、糸偏に関しては凄いところで、ここで出来ないものはないでしょう。

« 被災地支援イベント | トップページ | 藤沢へ »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草木染め:

« 被災地支援イベント | トップページ | 藤沢へ »