紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 日本橋新年最終日 | トップページ | 最近の動き »

2012年1月12日 (木)

木灰と釉薬

日本橋から帰ってきて、年末出来なかった大掃除を始めております。

それにしても寒い日が続き、氷が昼間も全く溶けません。
 

1月は藍建てを計画していますが、この寒い中、建つまでに二週間は掛かりそうだ。

幸い、木灰が沢山ありますから、灰汁には苦労しません。

 
ご近所の吉田さんから、灰汁を取った後の灰を、焼き物の釉薬で使えるようにしたらどうかという提案を頂いた。

それも、地元の陶芸家に使って貰えるようにとのことですが、大変面白いと思いました。

問題は、木灰の種類を、楢、櫻、桑、椚、樫、栗などと、ハッキリと区別できるようにしなければならないこと。

木灰によって、色の出具合が違うからです。
 

紺邑は、薪ストーブの灰を使わせていただいていますから、堅木だと云うことは解っても、木の種類は解りませんから、今のままでは釉薬に使えない。

その昔は灰屋があって、ちゃんと供給してくれていた。

実は今でも灰は買えるけれど、紺邑の使う量と価格が合いません。

伝統工芸にとっては、不便な世の中になりました。

« 日本橋新年最終日 | トップページ | 最近の動き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぜひとも実現したいですよね~。
昨日子供の作文出してきました^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/53723566

この記事へのトラックバック一覧です: 木灰と釉薬:

« 日本橋新年最終日 | トップページ | 最近の動き »