紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 新年会  | トップページ | お役所 »

2012年1月31日 (火)

藍建てのはじめ

寒い!とにかく寒いけれど、藍建てをしなきゃなりません。

すくも(藍)が届き、灰も貝灰もボレイも黒砂糖もふすまも全て揃っています。

 
先ずは、藍甕の液を捨てることから始まる。


藍甕を何度も何度も攪拌して、底に沈んだ藍をバラバラにします。

そこに水中ポンプを入れて、上澄みを掻き出す。

しかしです、ポンプにつないでいる管が、氷っていたり破けていたりしたら困るので、先ずは点検。

途中が切れていたのが一ヵ所。穴が一ヵ所開いていました。

 
無事修復して、液を捨ててゆく。

20120131133730_2

20120131135104_2

水中ポンプだけでは、全てが書き出せるわけではありません。

最後は、手ですくってきれいにする。

20120131162455

そこに、すくもを入れます。

20120131163914

灰汁は、今回は一番を使いました。

20120131134659

藍甕に入れたすくもに、温めた灰汁をヒタヒタに入れて、藍棒で突きます。
(写真を撮りましたが、保存をしなかったらしい)

 
後は、温度管理をしながら寝かせ、足で踏むという作業が待っています。


« 新年会  | トップページ | お役所 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/53872241

この記事へのトラックバック一覧です: 藍建てのはじめ:

« 新年会  | トップページ | お役所 »