紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 千客万来 | トップページ | 訃報 »

2012年2月 8日 (水)

藍甕とウールの広幅のお話し

藍甕は普通、一石五斗(約270リットル)の大谷焼です。

今、私が建てている藍甕は、幅50㎝奥行き50㎝深さ150㎝ですから、1125リットルの体積がある。つまり、4倍強の大きさ。

それを灰汁だけで建てていますので、使う灰の量が半端じゃない。

20120208124531
130リットルのペール三本をフルに使って、灰汁を取っています。

使う灰の量は、それぞれ12~13㎏。

自分で作ったものやご近所から頂いたものばかりですが、炭も入っていますから、細かく振るってから使います。

灰汁は130リットル全部使える分けじゃない。凡そ80リットル強でしょう。

おおざっぱに計算しても、十数回灰汁を取らないと、藍甕は一杯になりません(一杯にはしませんけれどね)。それも時期を見て、弱い灰汁も使うから、そう単純でもない。

一石五斗の甕なら、3回ちょっとで済む。


なぜこんな甕が必要かと云えば、今や生地染めは、広幅の時代だからです。ヤール幅で91㎝ですが、100㎝を超えるものなんてざらです(反物は38㎝)。
 
ウールの広幅は、130㎝くらいの物もある。大谷焼やペールの藍甕で染めることは出来ません。

これが、「日本でウールの広幅を染められる紺屋は、そう多くはない」と私が言う理由です(糸染めや、セーターなどを染めることは出来るでしょうけれどね)。

 
紺邑が染めて作っているウールのケープやコートは、世間にそうあるものじゃありません。ましてやアルパカなどおや、であります。
Photo
(写真はメンズウールコート)

恥ずかしながら、こういう事に、改めて最近気がついた(笑)。


20120208135343
今日の嵩上げの結果です。後一歩ですが、実によい感じだし、色も出ています。


« 千客万来 | トップページ | 訃報 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

業務連絡です。灰送りました。

narjaさん、毎度ありがとうございます。
助かっておりますm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/53946501

この記事へのトラックバック一覧です: 藍甕とウールの広幅のお話し:

« 千客万来 | トップページ | 訃報 »