フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 名古屋4日目 | トップページ | 名古屋5日目・最終日 »

2012年5月27日 (日)

桶屋の松っちゃん

先ずは、このキリリとした姿を見ていただきたい。
Mainimg

囲碁将棋盤の最高級品は、宮崎県日向地方の榧(カヤ)の柾目のもの。
それを扱う老舗が、松川碁盤店
写真は当主の松川高士氏。
私が「氏」と付ける風格を、感じさせます。
囲碁4級の私が見ても、それはそれは美しい碁盤を作ります。

世はバブルが崩壊した頃、松川氏から嘆き節が出はじめた。
毎日のように「売れない、売れない」と言う。
世はITの時代。
囲碁を打つ人達はネットを利用し始め、碁盤が必要なくなった。
そして嘆き節は続き、遂に私たちは、氏をマッチャンと呼ぶようになった。

この写真を見ていただきたい。
01
松川氏から鋭さが消えている。

マッチャンは、木を扱う専門家。
見る目は確かだし、扱う腕もある。
宮崎には榧だけでなく、宮崎杉、霧島杉という優れた材料がある。
これに目を付けたマッチャンは、遂にそれらを利用して漬け物桶を作った。
なんと一本を切り抜いて桶を作るという、何処にもない独自の漬け物桶です。

様々な特徴があるけれど、先ずは漬け物が暖まることがない。
杉材の特徴で、気化熱で中の温度を下げる効果があるために、夏でも冷蔵庫に入れなくて済む。
そして何より、漬け物が美味しい。

20120527101008
写真中央にビールが何故あるかというと、この漬け物桶に入れておくだけでビールが冷えるという実演をしているのです。

これが好評を博し、以前は碁盤の端に置いてあった桶が、今や碁盤を追い出し、中央に鎮座ましますようになった。
20120527191502
(左隅にちょこんとあるのが碁盤。立っているのは、最近まぶしくなくなったアケビ細工の古川(こがわ)さん)

以前は、レジに行くマッチャンの姿を滅多に見ることがなかったのに、最近はしょっちゅう通うようになった。売れているんです。
「大川君の前を通ると悪いから、ぐるっと回ってレジに行ってるよ。これでも気を遣っているだぜ」。なんて言う台詞も吐くようになった。

これも企業努力ですね。

碁盤に目を入れることを「目を盛る」と言い、日本刀で盛る事を「太刀盛り」と言います。
碁盤を扱う松川氏は、日本刀を持つ。
だからその目は、最初の写真の様に鋭い。

20120527100757
その手を包丁に替えて、松川氏はマッチャンとなった。


この漬け物桶は、ネットショップでも扱っています。
美味しい漬け物を作りたい方には、お勧めです。
ホームページをお訪ね下さい。

« 名古屋4日目 | トップページ | 名古屋5日目・最終日 »

職人」カテゴリの記事

コメント

なんだか良い話です。

yasさん、コメントありがとうございます。
マッチャンはこのブログを読んだらしく、レジに行くために私の前を通るときに、なにか遠慮がちだった。
この頃、戯れにわたしが「桶屋のマッチャン」と挨拶しても、「最近は慣れたね」と。
この間の日本橋三越で、高価な碁盤が売れたとき、「久々に碁盤屋だということを思い出したね」と言っていました。
これは、日本の囲碁会の問題でもある。
ようやく中国の囲碁トーナメントに日本の棋士が参加するようですが、もっともっと啓蒙活動をしなきゃいけないと思います。
これは、一人の囲碁ファンとしての感想です。

実に素晴らしい展開になっていますね。時と共に、生きる道を探さなければ成らない。しかし、その裏付けとなる、確かな目と技術が在るからこそですね。私たちの手仕事は、休んでしまったら途絶えてしまいます。どんな形であれ、手を動かし続ける仕事を作って行かなければなりませんもの!
「武士は食わねど、高楊枝」などとは、言って居れません。「職人は食わねば、生きていけません!」時代に合わせて、その時代に合うものを作り続けることが伝統かと、おもいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桶屋の松っちゃん:

« 名古屋4日目 | トップページ | 名古屋5日目・最終日 »