フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 早池峰神楽佐野公演前日準備 | トップページ | 早池峰大償神楽佐野・足利公演 「神楽舞台」 »

2012年6月 3日 (日)

早池峰大償神楽佐野・足利公演 at唐沢山神社

 昨年の夏、我々は早池峰神楽に出会い、秋を迎えた頃、被災地支援の在り方を考えてしまったとき、早池峰神楽を佐野市と足利市にお呼びして、新しい支援の形を作り出そうとしたのが昨年の10月でした。

 第1回目の実行委員会のようなものを、我が家で開催。メンバーは、セーブイワテの寺井代表と木村現実行委員長ほか、数寄屋大工の杉本さん、初老3人組の高橋隊長、中沢隊員に、若林ご夫妻と佐野の遠藤さんと私たち夫婦だけ。

20111025112815

 ここから激動の日々が始まりました。

 高橋隊長も中沢隊員も私の家内も、半年余りで6㎏ほどの体重を減らした。

 
 そして6月2日に、皆様の力が結集されて、佐野市唐沢山神社二の丸にある神楽殿で、佐野公演が実現しました。

 それはまるで幽玄の世界。

120603kagura01
          (下野新聞より)

 被災地支援の物産展も三の丸で実施しましたが、ほぼ売り切れとなり、「こんなに売れるイベントは初めてです」と出店者達をして言わしめたほどとなりました。

 収益金はもちろん、被災地支援に使わせていただきます。

 
 会場が宵闇に包まれる頃には雷鳴が聞こえだし、佐野市に雨が降り出したという報が入ったけれど、唐沢山の会場だけには雨が一滴も降らなかった。まるで、奇蹟のように。

 ご覧になった皆さんをお見送りしていると、涙をポロポロ流している人が沢山いらっしゃった。

 ありがたいことでした。

 

 次の日、足利の会場に行くと、「昨日は雨で大変だったでしょう」と皆さんおっしゃる。足利も、大雨だったのです。もちろん、3日の予報も雨だった。

 そこでも、奇蹟のようなことが起こった。

 

« 早池峰神楽佐野公演前日準備 | トップページ | 早池峰大償神楽佐野・足利公演 「神楽舞台」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早池峰大償神楽佐野・足利公演 at唐沢山神社:

« 早池峰神楽佐野公演前日準備 | トップページ | 早池峰大償神楽佐野・足利公演 「神楽舞台」 »