紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 初めてのお休み | トップページ | 御嶽山信仰 »

2012年9月 5日 (水)

カシミヤとアルパカの藍染

水曜日は街中は商店休み。

どうかな?と思ったら、さすがにお客様はお見えになりませんでした。

でも、染め仕事はいくらでもある。

 
今日は、アルパカを染めました。

P1010365

紺まで、色を着けたつもり。

本当の色が分かるのは、明日です。

 
 
東京のお客様から、「セーター着いたけれど、請求書が入っていなかったわよ」とお電話いただいた。

カシミヤのセーターの藍染めを頼まれたものでした。
 

カシミヤはやはり、その感触を楽しむもの。

私の藍染は、ウールも染まるしアルパカも染めてきたけれど、さて、カシミヤとなると染めたことがなかった。

もちろん、染めてみたいとは思っておりました。

そこで、動物性タンパク質の短繊維はアルカリに弱いというお話しをしてから、「染めてみたいから引き受けるけれど、ひょっとすると、この柔らかな感触が少しなくなるかも知れない。だから、染め代は無料。そして、何があっても文句なしっていうのは、どう?」っと云うことで引き受けたもの。だから、無料です。

そのことを申し上げたら、このお客様は、「あら!そうだった?」と覚えていらっしゃらなかった。

「染め上がりの具合はいかが?」とお聞きすると、「とても良い感じよ」とおっしゃってくださった。

ありがたい。

でも、紺邑と付き合いが長いこのお客様は、アルパカのコートもウールのセーターもお持ちの方だから、カシミヤの藍染も当たり前だと思っていらっしゃる。

そこでもう一度、動物性タンパク質の短繊維はアルカリに弱いこと。藍染は強アルカリ性だから、藍染のカシミヤは、世の中にそれ程多くは無いことを説明させていただいた。

そうすると、「あら、そうだったの」と、また同じ台詞です。

 
このやりとりで、多少の反省があった。

紺邑の特徴は、もう少し強調した方がよいのではないかと。

藍染めしたカシミヤのセーターの写真を、撮っておけば良かったなと。

« 初めてのお休み | トップページ | 御嶽山信仰 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/55591392

この記事へのトラックバック一覧です: カシミヤとアルパカの藍染:

« 初めてのお休み | トップページ | 御嶽山信仰 »