フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 大阪上六4日目 久し振りに外出 | トップページ | 藍染初日 »

2012年10月25日 (木)

帰って参りました。

久しぶりに外出してから、ブログにむかう間もなく、上六の「職人の技展」が終了いたしました。

近年になく、低調な催事となりました。

担当の宇治君も辛そうだったけれど、なに、その内良くなります。

この不況は世界的なものだけれど、1929年に起こった世界大恐慌を鑑みれば、日本は大丈夫です。

問題はただ一つ、「鑑みる事」が出来るかどうかのみ!

そう力説する一週間でもありました。

世界大恐慌の時、日本はどうしてそこから脱出できたか?それを今、誰が鑑み、どうしようとしているか。良く良く見ていただきたいと思います。

現在の日本人は、そういうことを教えられても知らされてもいませんから、鑑みることが出来なくされているのだとおもいます。
 

コルクに教わった夜行バスで帰ることにしました。出発は、難波を午後10時20分。東京駅到着は、朝の7時頃。

夕方5時に終わり、ゆっくりお片付け。

6時頃に終わり、上六温泉という近くの銭湯でゆったりと湯船に浸かり、疲れをとりました。
 
隣の焼鳥屋で一杯。生肝がすばらしかった。

大満足して、ラーメン屋へ。
 
新しいお店で初めて入ったところですが、ここはいけません。たぶん、次回来たときには無くなっているでしょう。
 
 
コルクが「乗る場所が分かり難いですけどだいじょうぶですか?」と心配してくれたけれど、無事到着。でも、なるほど分かり難いところでした。

まだ時間があったので、コンビニでトイレを済ませ、水とワインとデザートのシュークリームを買って乗り込みました。

爆睡!

気がついたら、東京駅八重洲口。

又バスに乗り換え、午前10時に佐野に到着。
 

バスの旅は、慌てる必要もなく、快適で、良いですなぁー(^_^)v

« 大阪上六4日目 久し振りに外出 | トップページ | 藍染初日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰って参りました。:

« 大阪上六4日目 久し振りに外出 | トップページ | 藍染初日 »