フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 福島県にご一緒しませんか?  | トップページ | うどんの町桐生の「ソースかつ丼」と「うどん」の支店物語 »

2012年11月 2日 (金)

うどんのまち桐生の、中華そばとラーメン

 群馬県桐生市は、人知れずうどんの町。その消費量は、高松に匹敵するといいます。有名になった巣鴨のカレーうどんのご主人も、たしか桐生出身ではなかったかな。

 町中至る所にうどん屋さんがある。

 「ヒモカワ」をご存じだろうか?これも桐生名物のうどん。名古屋のきしめんよりも薄く広幅のうどん。
私は桐生経済圏で育ったから、子供の頃からうどんとヒモカワに親しんで育った。

 さて、もちろんラーメン屋さんもあるけれど、これがまた結構なのです。

 まずは「桐和軒」。

20121102144442

 桐生タイムズの交差点を、桐生川に向かって直ぐの小さな小さな食堂。テーブルも三つしかない。

 ここの「中華そば」は、まさに「中華そば」。

20121102143501

 ナルトが泣かせますが、中華そばはこうでなくてはいけません。最高です。主に出前の店なのかもしれません。
 

次に紹介するのは、昨日頂いた「よしだや」。

P1010557_2

こちらは佐野と同じく、手打ちのラーメン。

粉は館林、チャーシュウの豚肉は地元赤城と、もの凄く拘った、それこそ「ラーメン」。

P1010555
フレンチをやってもおかしくない美しい女性店主が仕切っていますが、心のこもったラーメンです。

馬蹄形のカウンターに座敷もある、お客様が一杯のお店です。

頂いたのは野菜チャーシューラーメン。

双方、結構でした。

« 福島県にご一緒しませんか?  | トップページ | うどんの町桐生の「ソースかつ丼」と「うどん」の支店物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うどんのまち桐生の、中華そばとラーメン:

« 福島県にご一緒しませんか?  | トップページ | うどんの町桐生の「ソースかつ丼」と「うどん」の支店物語 »