紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 冬の景色の日光連山 | トップページ | Happy Holiday! »

2012年12月23日 (日)

時代の夜明け

寒いです。そして、日が短い。

毎朝、5時頃に目が覚めるのですが、世の中真っ暗で起きる気にもなれず、そのままウトウトと寝ている毎日です。

工房のある閑馬は、東と西に山並みのある沢ですので、朝日が昇るのが少し時間が掛かります。

だいたい7時から8時頃までは、空は明るく、西の山には日が当たっていても、里には日が差しません。

そんなこんなで、染める時間も遅くなり、冬場は極めて効率がよろしくありません。

気ばかり焦りますが、何とか仕事をしております。


総選挙もようやく終わりました。

結果は国民の意思の反映ですから、それに従うしかありません。

先回の時は、私のなって欲しくない政権を国民が選びましたが、私たち国民は三年と少しの間それに従った。

そうせざるを得ないのが日本の議会制民主主義ですが、マスコミ報道をみますと、今回の選挙結果が気に入らないのか、自民党と安倍総裁に文句ばっかり云っていますね。

歌の文句じゃありませんが、♪だってしょうがないじゃない!、国民がちゃんとした選挙で選んだ結果なんですから。
 

日本には憲法があって、それに従って国は運営されている。

ならば、選挙結果に従うのは当たり前だと思いますが、その憲法を守ろうとする人たちの、つまりは護憲派の中に、憲法を守ろうとしない人がいますね。

日本国憲法は改正できるとあり、その方法も明示されているのに、改正してはいけないという。

それこそ、憲法違反だと私は思います。


冬至が過ぎ、お日様の上る時間が早くなってきました。

これからの日本の、明るい日射しのように感じられます。

来年のヘビ年は、滅多にないほど良い年回りだそうですが、その通りになるでしょう。

私たち物づくりを地道にしている職人にとっては、暗黒の時代からの夜明けのように感じます。

« 冬の景色の日光連山 | トップページ | Happy Holiday! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/56382005

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の夜明け:

« 冬の景色の日光連山 | トップページ | Happy Holiday! »