紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 烏山和紙 福田弘平先生逝く | トップページ | 横田ご夫妻の講演会 »

2013年2月15日 (金)

渋沢栄一と佐野市

日本の資本主義の礎を築いた渋沢栄一は、藍を扱う大きな藍商でした。

Images

その商才は幼い頃からあったそうで、関東各地の葉藍の仕入れ方に抜群のものがあったと語り継がれてもおります。

栄一は、現埼玉県深谷市の人。その辺りの藍を、武州藍といいます。

佐野市は江戸後期から藍の産地だし、足尾鉱毒事件の田中正造は藍を作り、お金を儲けた人。

この二人に接点のあるなしはともかく、渋沢栄一は必ず佐野と縁があると、私は考えておりました。


昨日、所用があって天命鋳物の若林秀真(ほつま)氏と長い時間話す機会がありました。

Images_1_2

たまたま佐野市と藍の話しになり、「藍を扱っていた渋沢栄一は、必ず佐野に来ていますよ」と申し上げたら、「え?我が家の裏の家内の実家には、渋沢家から嫁に来てますよ。家内の母方は渋沢家です」と、驚き入ったお話しをなさる。

漠然と考えていたことが、事実だった。

しかし、さもありなんで、佐野市が益々面白くなって参りました。

« 烏山和紙 福田弘平先生逝く | トップページ | 横田ご夫妻の講演会 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/56776075

この記事へのトラックバック一覧です: 渋沢栄一と佐野市:

« 烏山和紙 福田弘平先生逝く | トップページ | 横田ご夫妻の講演会 »