フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 漢方薬 | トップページ | 渋沢栄一と佐野市 »

2013年2月13日 (水)

烏山和紙 福田弘平先生逝く

今朝、何気なく家内が「福田弘平先生が亡くなったんですってよ」という。

驚いて調べてみたら、1月19日にお亡くなりになったそうです。

栃木県の手仕事会の大先輩で、お世話になったし、足利にもよく足を運んでいただいたものです。

政治が好きで、烏山町長もお努めになったけれど、そのころからお付き合いが遠のいておりました。

  

烏山に工芸村を作ろうという動きがありました。

わが両親は、老後をそこで暮らそうとしまして、そのプロジェクトに私も参加して計画立案に関わり合った。

その頃はしょっちゅう烏山に行きまして会議し、視察旅行にも行った。

福田先生は心臓に持病をお持ちだったから、一緒に風呂に入ってもいつも腰湯。

体型を見ると、さもありなんでありました。

烏山和紙は千数百年の歴史があると言われますが、今は福田製紙所一軒だけのようです。

「入江侍従長から、歌会始で使う和紙を考えておいて欲しいといわれてね、奈良時代にすいた和紙が今も使われているんだけれど、そろそろ切れるという話しだった」と私に教えてくださった。
 
 

政治の世界だけではなく、我々下野の工芸の存続発展にも大きな力を発揮されたリーダーでありました。

思い出は尽きませんが、ご冥福を心からお祈りいたします。

お世話になりました。

合掌

« 漢方薬 | トップページ | 渋沢栄一と佐野市 »

職人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烏山和紙 福田弘平先生逝く:

« 漢方薬 | トップページ | 渋沢栄一と佐野市 »