紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月27日 (水)

福島からのお客様

体調がよろしくなく、家内から「午前中は休みなさいよ」と言われておりましたが、弟子の山田君が来たら仕事せざるを得なくなり、朝から藍建てをしてクタクタになっておりますと、工房の中から家内の「あーらー、お久しぶりです」と興奮した大きな声が聞こえてきた。

何事かと入って行くと、震災後、福島県浪江町から佐野市に避難して来ていた斉藤さんがいらっしゃる。

こりゃ、大きな声も出るはずだと私も驚いた。

でも、「ひょっとすると、そろそろ斉藤さんが来るかもしれないよ」という話しをしていたので、これこそ、「噂をすれば影」です。

2

 

斉藤さんは、震災のあった年の4月に佐野市に避難してこられた。

しかし、知らない土地にきて知り合いもなく、することもなく、元気がないのを心配した当時佐野市在住だった娘さんが、私たちの友人の菊地さんに相談。

その話しが我が家に来て、斉藤さんが元農家だと聞いたので、「じゃあー、一緒に農業をやろう」と言うことになった。

Photo
右のお二人が、斉藤さんご夫妻。

真ん中が菊地さんで、一番左が家内。

何を植えているかというと、藍草。

 

この時の行動が今生きようとしていまして、佐野で藍の栽培をしようという動きが始まったのです。

その切っ掛けは、斉藤さん達との出会いだった。

その報告を、今は福島に移った斉藤さんに連絡をしたので、ひょっとしたらいらっしゃるかもしれないと噂をしていたのです。

藍草の栽培の話しを聞いた斉藤さんは、「夢のある話しだなぁ」と。

「帰れるようになった浪江でも栽培したいなぁ」と。

これこそ、私たちが待ち望んでいた言葉でもあります。 

 
賑やかに一時を過ごし、藍草の種と資料を持ってお帰りになった。

これでまた、お付き合いが始まる。

嬉しいことです。

 
浪江町は、まだ荒れっぱなしで、震災直後のまま。いや、草ぼうぼうだから、それ以上に荒れている。

初老三人組の高橋隊長に電話して、せめて斉藤さんの自宅の整理とお掃除に行こうということになった。

我々年寄りも役に立ちます。

なにせ低線量の放射線なんて、ちっとも怖くない年齢ですからね。
 

2013年3月23日 (土)

藤沢の3日間

小田急藤沢店の「紺邑正藍染め展」が始まっています。

初日は、朝早くからお馴染みにご来店いただき、担当に「朝から走っていますね」なんて冷やかされておりました。

ところが急用が出来て、帰宅しなければならなくなった。

新弟子の山田君と交代して、2日間、佐野に帰り、土曜日の今日、もどって参りました。

P1020295P1020296
こんな感じで、いつものようにのんびりとやっております。

2013年3月19日 (火)

藤沢へ

昨日の午後から、裏庭約800坪の草刈りと竹藪の竹きり。

クタクタになって夜10時前には寝ちゃって、起きたら7時半。よく寝ました。

 

今日も昨日の続きをして、夕方、バスに乗って一路藤沢へ。

バスに乗ったとたんに爆睡!

王子から東京駅を経由して、平塚のホテルに入りました。

 

明日から、小田急百貨店藤沢店5階下りエスカレーター前「匠の技」で、「紺邑正藍染め展」です。

3月26日(火)までの開催。

是非、お出かけ下さいませ。

2013年3月17日 (日)

初午(はつうま)

旧暦の初午(はつうま)の日、お稲荷さんにお参りに行って参りました。

栃木県佐野市田沼町には、町のど真ん中に「一瓶塚稲荷神社」という歴史のある稲荷神社があります。

P1020277

本殿も趣がありますが、脇の壁面の彫刻もすばらしい。

P1020281
鳥居の足下に、小さな狛犬がいて、これがかわいらしい表情をしています。

P1020284
P1020285
この神社の初午は、町を挙げてのお祭りで大賑わいなのですが、旧暦ともなるとさすがに閑散としておりました。

お札も頂けなかったけれど、そのうちまた参りましょう。

 

2013年3月16日 (土)

春の訪れ

暖かい日となりました。

各地から桜の開花が知らされていますが、閑馬の工房のシンボルである梅の木がようやく満開。

藍の色との調和が、美しい。

P1020286

2013年3月15日 (金)

団体のお客様

紺邑では、藍染体験ができます。

一人から、多いときでは40人と云うときもあった。

今回は総勢20名という予約で、いろんな仕事をしながら、工房の大掃除をしました。

お蔭で、倉庫まできれい。

さて当日、お一人欠席で。体験が13名となりました。

1


他の方々は、2階で食事の準備。

Photo
体験終了後、みんなで食事。

1_2
写真はありませんが、お買い物も賑やかに楽しまれ、全員で記念撮影。

Photo_2
楽しい一時でありました。

2013年3月 9日 (土)

下彦間の家の枝落としと選定作業

紺邑は、閑馬の隣の下彦間に一軒家を借りております。

裏の樫の木の垣根に葉が覆い茂り、畑に日が当たらないから切って貰えないかと、お隣から頼まれました。

さて、どうしたものか。しばし思い悩みましたが、足利に銘仙を織っていた大木さんという人がいて、ボランティアの樵をなさっている。

私たちは、切った木を薪にしているのですが、大木さんに頼むことにしました。

快諾(^^)/

1

 
3
こんな状態で、日が差していないのがよくお分かりだと思います。


四日間かけて終了。

P1020253_2
こんなにスッキリときれいになりました。


この家は、東日本大震災の支援物資置き場でもあります。

福島から佐野市に入らした被災者の皆さんにも、ここで物資を提供をしておりました。

この3月11日で震災から丸二年経つというのに、佐野市にはまだ沢山の残っていらっしゃる。
 
長いなぁ。

2013年3月 6日 (水)

大阪からのお客様

大阪から、岡本さんが佐野市の閑馬までお出でになった。

私のブログで、紺邑の藍染めに興味を持たれたとのこと。

病気になり、衣食住について考えるようになり、ファッションを勉強していた関係で藍染めに興味を持ち、四国徳島の工房もお訪ねになったそうな。

それだけではなく、藍染めに関する様々な記述を読んだらしいのですが、私の書いているものは、見て聞いたものと少し変わっていると思われたようです。

灰も灰汁も貝灰もふすまもお見せし、精錬の仕方もお教えした。

まあ、紺邑に隠し事はありません。

下彦馬の家にも案内して、木を切る作業まで体験なさった。

紺邑の青味と藍染めを、実感していただいたことと思います。

Photo



2013年3月 5日 (火)

新しい弟子の山田君

2年ほど前、東武線田沼駅から2時間半かけて歩いて工房にやってきた若者がいました。

次は、佐野駅から自転車に乗って来て、その次は足利駅から自転車。

東京の展示会にも度々あらわれ、弟子にしてくれという。

「だめだ」と何度も断ったけれど、熱意にほだされ、昨年の年末、ついつい「良いよ」と言ってしまった。

田舎のことだから運転免許が要るけれど、この冬、山形の合宿免許でめでたく取得したけれど、何も雪国に行くこともないだろうにと思うけれど、まあ、藍染をやりたいという変わり者ならではの行為でしょうな。

 
3月2日に越してきて、4日から作業が始まりました。

初日は焚火。

2日目は、灰を篩い、灰汁をとる作業。

彼の修業は、灰まみれで始まりました。

Photo
さて、どうなりますやら。

皆様、よろしくお引き立てくださいませ。

2013年3月 2日 (土)

佐野のゆるキャラ 「さのまる」!

私はゆるキャラが嫌いで、さのまるも好きじゃない。だけど、熊本の「くまモン」はすごいとどこかに書きました。

帰ってきて、家内とご近所の磯さんにそう言ったら、「何言ってんの、さのまるは人気があるんだよ!」と総攻撃を食らいました。

Brand_sanomaru

好き嫌いは、私の勝手。
 
好きな人には申し訳ないけれど、どうぞ「さのまる」を贔屓になさってください。
 
私は、贔屓にしませんけどね。


ところでこの画像、勝手に使ってはいけないのだろうか?

「くまモン」の場合は肖像権など無く、何に使っても構わないのだそうです。

人気が出るわけだけれど、「さのまる」も同じだろうと思います。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »