紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 「暮らしまるごと展」反省会 | トップページ | 藍建ての始まり始まり~! »

2013年5月30日 (木)

すくも到着!藍建て開始とその見学会を開催!!

昨日、‘すくも’(藍草の葉を醗酵させた藍染めの原料)が到着しまして、直ぐに藍建てを始めようと思いましたが、せっかくだから、地元で藍の栽培をしている方達に、すくもとは如何なるものかを見ていただこうと、集まっていただきました。

P1020514

手で触っていただき、匂いをかいでいただいた。

土のような良い匂いがします。
アンモニア臭が残っているものは、まだ未熟で、これは堆肥も同じです。
 
P1020517
  
染めながら、いつもよりは詳しく藍染めのメカニズムを説明させていただいた。
 
藍草の葉の中にある藍は、青藍として存在し水に溶けないこと。
灰汁で醗酵させると、白藍として液の中に溶けていること。
布を入れるとそれが付着し、外に出して酸化して元の青藍に戻って青くなること。
青藍は水に溶けないのだから、しっかり酸化させれば色落ちも無くなること。
 
P1020520 
この藍甕にすくもを入れて、藍建ての始まりをごらん頂きました。
 
P1020521
 
写真を取り忘れましたが、この後温めた灰汁を入れて棒で突きながら、灰汁をすくもに食べさせるという作業を致しました。
 

参加者の中には、母上の名付け親が田中正造という人がいらして、その名前の付け方がいかにも田中正造らしいので、彼の人生や人となりを語り合い、閑馬が生んだ偉人栗原彦三郎のひ孫の奥さんもご一緒だったので、しばし佐野の歴史の話で盛り上がりました。
 
 
これが切っ掛けとなって、佐野の人たちが、より佐野の歴史に親しくなってもらえれば良いな、などと思っています。

 
Photo_2
県道66号線の閑馬川を渡ったところの左側にある、栗原彦三郎の像です。

この像が建てられた経緯と彦三郎の紹介が、弟子の刀匠・安房國住昭房を紹介しているホームページにあります。

« 「暮らしまるごと展」反省会 | トップページ | 藍建ての始まり始まり~! »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/57493405

この記事へのトラックバック一覧です: すくも到着!藍建て開始とその見学会を開催!!:

« 「暮らしまるごと展」反省会 | トップページ | 藍建ての始まり始まり~! »