紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 山羊騒動 | トップページ | 藍甕の様々な色合い »

2013年6月 8日 (土)

ふすまの事

ふすまを漢字で書くと、麦偏に皮と書くらしい。
そのものずばりで、麦の皮のことです。

今は家畜の餌として使われているようですが、終戦直後の貧しい時期、日本人はこれで水団を作って食べていた。

佐野市は麦の産地ですから、どこにでもありそうだけれど、今は一カ所しか知りません。

そこに買いに行くと、小麦を挽いているおじさんが、「藍染めがふすまを食うとは知らなかったなぁ」と言った。
 
藍はふすまを食べます。
それも、ちゃんと炊いてからあげます。

先ずは、適量の灰汁を沸騰させ、ふすまを入れます。
棒でかき回して、その感触で量を計る。

P1020716
後は弱火で、何時間も炊くのですが、今日は朝6時頃から初めて、12時に終わらせました。
 
P1020715
薪の量が少ないようですが、これでちょうど良い。
 
気候も暖かくなりましたので、少し冷ましてから藍甕に入れました。
 
ふすまの入れ方には、古くからの言い伝えがあります。
私はそれに従っていますが、その理由は知りません。
 
これを怠るとどうなるかというと、藍の寿命が全く違います。
それは、経験が教えてくれます。

« 山羊騒動 | トップページ | 藍甕の様々な色合い »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/57553655

この記事へのトラックバック一覧です: ふすまの事:

« 山羊騒動 | トップページ | 藍甕の様々な色合い »