フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 京都恐るべし 念珠屋さん | トップページ | 紺邑物語 越冬の工夫 »

2013年6月15日 (土)

だし巻きと卵焼き

京都の人たちと、京都の刃物屋さん行き付けのお店で宴会を致しました。
 
美味しい料理にお酒とお話しで、大満足ではありましたが、途中で卵焼きが出て来た。
 
京都の人たちは一口食べて、「あっまい、あっまい」という。
 
何故か、京都弁は二度繰り返す。
寒いときは「さっむい、さっむい」、暑いときは「あっつい、あっつい」といった具合。
 
京都のだし巻きは、甘くないという。
「そりゃ、だし巻きだから甘くないので、これは卵焼きだから甘いのだ」と私。
 
京都の人は、なんでも京都が一番だから、関東もんの私が東北を庇うの図。

 
彼らは一口食べて、後は箸をつけようともしない。
 
だから、京都以外の人たちで、全部平らげました。
 
が、しかし、やはりアレは甘すぎました。
 
 
確かに東北は、出汁の取り方が少々足りない。
味は、塩と醤油と砂糖で出す。
 
だから、高血圧と脳溢血など、成人病の問題が大きくあった。
 
「出汁をしっかり取って、塩分を控えめに」という運動があって、その問題が多少解決しているという話しもあるらしい。
 
やはり、京都が一番か。
 
なになに、「東男に京女」と云うではないかと、東男としては控えめに思うのであります。
 
 
今朝、京都のお方にだし巻きを食させていただきました。

P1020749_3
P1020750_2
確かに美味しく頂きました。
 
だし巻きですから、甘くない。

« 京都恐るべし 念珠屋さん | トップページ | 紺邑物語 越冬の工夫 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だし巻きと卵焼き:

« 京都恐るべし 念珠屋さん | トップページ | 紺邑物語 越冬の工夫 »