フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 紺邑物語 紺邑の藍染の始まり | トップページ | 京都恐るべし 念珠屋さん »

2013年6月14日 (金)

山形県酒田市へ

6月11日の朝、「ひょっとして今日、酒田へ行かなきゃならないんじゃないかな?」と突然思った。

「え?荷物送ってないよ!」と家内。
「車で行くしかないかなぁ」と私。
調べてみたら、12日準備で11日に送ればセーフ!
「良かったね」となったけれど、ちゃんと準備しておけば、何と言うことはない話しです。 
 
 
12日午前8時58分JR両毛線佐野駅発高崎行きに乗ると、新潟経由で午後3時前に酒田に着く。
電車が1時間に一本だから、それに乗り遅れると、午後5時半頃着になるので、これを外すわけにはいきません。
 
ところがギッチョンチョン、駅の階段を駆け下り、ホームに着いた途端、ゴトンゴットンと電車は出発。
乗り遅れました。
 
駅員に、「例えば小山から大宮に出て、新幹線で新潟という手は無いでしょうか?」と聞くと、「時間は掛かるしお金は掛かるし、止めた方が良いですよ。次のにするしかないですね」とつれないお返事。
 
そこで時刻表を調べてみたら、9時20分代の小山行きに乗り、宇都宮へ出て山形新幹線に乗って新庄まで行き、陸奥西線に乗り換えて酒田というコースがあるではありませんか。
それも、値段的には一番安いし、到着も午後3時半頃と問題ない!

941926_473677286044205_1204148601_n
新庄に到着。
懐かしいディーゼル車で一路酒田へ。
 
P1020745 
二両編成の二両目。
ガラガラですが、皆さん、一両目に乗る。
駅のほとんどが無人で、一両目のドアしか開かないからなんだと、しばらくして分かりました。
 
酒田に到着!

暑い!!
それも、真夏のようだ。

準備も終わり、特別招待会も終え、今日14日が正式な初日です。
 
楽しい酒田滞在となりますように。
6月14日から18日まで、酒田市にある「清水屋」の、「古都・小京都まつり」に出展しています。

13_0613_u
 

« 紺邑物語 紺邑の藍染の始まり | トップページ | 京都恐るべし 念珠屋さん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形県酒田市へ:

« 紺邑物語 紺邑の藍染の始まり | トップページ | 京都恐るべし 念珠屋さん »