紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« アート街道66展in一乃館 打ち合わせ の集まり | トップページ | 紺邑の入り口看板 »

2013年7月 5日 (金)

男の夢 っというお話し

 子供の頃、木の下に小屋を建て、近所の男の子達が集まって、そこで寝泊まりをした記憶があります。そういう遊びは、男の子の夢だった。それを大人になって実現した人たちがいます。初老三人組の、高橋隊長と中沢隊員です。

P1020803
こんな森の中に、竹を利用してツリーハウスを造ってしまいました。

P1020804 P1020805
大学の工学部建築学科を卒業した中沢さんが、玄関を作っている。
手をかざしているのは、自分で家を建ててしまった木工作家の谷中さん。

P1020807
2階に上るシルバージュエリーデザイナーの緑川さん。
竹を踏みながらあがるのですが、私は足の裏が痛かった。

P1020808
2階から見た階下の風景と高橋隊長。

P1020811
そこは囲炉裏になっています。

P1020810
ガスも電気も水道も来ていませんから、水場はこんな感じ。
蛇口のあるケースは、震災の年の4月、私たちが石巻に持って行ったもの。懐かしい。
ちなみにトイレは、公園のものを使うそうな。

P1020812
しばしお茶会。
蚊が多くて、染め織りの日野さん、パッチワークの尾花さんと緑川さんは蚊帳の中。
ぼりぼり掻いているのは、革細工の森さん。
これもまた、アート街道66です。

その内ここで、酒を酌み交わしながら、馬鹿を言い合って寝るというのが、男の夢の続きでもあります。

« アート街道66展in一乃館 打ち合わせ の集まり | トップページ | 紺邑の入り口看板 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/57733032

この記事へのトラックバック一覧です: 男の夢 っというお話し:

« アート街道66展in一乃館 打ち合わせ の集まり | トップページ | 紺邑の入り口看板 »