フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 渡良瀬通信と旧友達と先輩 | トップページ | 桐生祭り 八木節 »

2013年8月 3日 (土)

足利花火大会

8月3日(土)は、栃木県足利市の花火大会。毎年8月の第一土曜日開催ときまっています。

Hanabi11
「わたらせサマーフェスタ」とあるけれど、私はその昔実行委員の一人で、前夜祭のプロデュースをしていましたが、そんなお話しはいつかするときがくるかもしれません。

明治36年に始まり、戦争による中断もあったでしょうが、110年の歴史を持ち、ことし99回目という、日本を代表する花火大会だと思います。

大げさなようですが、長い歴史の持つ独特のノウハウがあるのです。
 

第一に打ち上げの間の取り方にそれがあって、見るものを飽きさせません。

そして、日本で一番観客席と花火が近い。その臨場感もたまりません。

東京のある花火大会を見た人が、物足りなく感じる程です。

 
足利市は、日本の小京都と云われます。佐野市も同じ。

全国の小京都の人たちの親睦会がありまして、その会長が私の父でした。

随分昔ですが、全国から小京都の人たちが、足利の花火大会に来たことがあります。

皆さんそれぞれ古都ですから、自慢の花火大会がある。

たとえば大分県日田市の人は、「うちの花火大会はすごいよ。四方の山に音がこだまして、それはそれは幻想的なんだよ」と、私に自慢していらした。

花火大会が終わると一言、「ここはすごい!」と、感嘆していらっしゃいました。

人知れずですが、世界的な企業の人も来て、桟敷で花火を見物していたこともある。

足利出身の人が、接待に使っていたのです。
 

今は知りません。

私は実行委員でもなければ、足利市民でもない。

久しく、見ていないのです。

« 渡良瀬通信と旧友達と先輩 | トップページ | 桐生祭り 八木節 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足利花火大会:

« 渡良瀬通信と旧友達と先輩 | トップページ | 桐生祭り 八木節 »