紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« ふすま | トップページ | 小学生達の藍染め体験 »

2013年9月 3日 (火)

世相雑感 平和について

 日本には、原子力発電所をどうするかで議論があります。私は、議論を厭いません。何故なら、安全保障上の問題があるからですが、その視点はほとんどありません。

 私は、もう少しでこの世からいなくなる。我が子達の人生は、先が長い。私たち親がいなくなった後も、平和に暮らしてもらいたいと心から思うし、願う。だから、原子力発電が必要なのですが、いたずらに恐怖を植え付けられた人々の感情的な声は大きい。彼らは、日本を危うくしています。

  今、世界はきな臭い。経済危機が解決しているとは思えないし、シリアもエジプトもあるけれど、近くでは韓国も中共もロシアもある。そして、北朝鮮問題も。小さな油断が日本を危険へと向かわせ、それが子供達を脅かすことになる。親たちは、しっかり考えて行動すべきだと思います。
 

 幸い、安倍政権が誕生しました。私の書いたことなど、この政権では前提としてあるように思います。私は、日本にとって僥倖だったと思うけれど、それも大多数の国民が支持をした結果です。ありがたいことでした。

 エネルギー問題では、安心・安全を前提に原子力発電を維持しつつ、その他の再生可能エネルギーなどの開発・普及に最大限の力を傾注して行くという、実に冷静な判断をなさっている。
 しかし、「安心」というのは難しい。安全だと分かっていても、根拠もなく危険だと言い張る人々の声が大きいければ、雰囲気として危険だと言うことになりますから。
  
 安倍さんの日本の舵取りの難しさは、こういう「空気」の様な物との戦いにあると思いますが、それは、大東亜戦争以前の日本と、良く似ているようにも思います。

P1020736_2
 
 

 

« ふすま | トップページ | 小学生達の藍染め体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/58124556

この記事へのトラックバック一覧です: 世相雑感 平和について:

« ふすま | トップページ | 小学生達の藍染め体験 »