紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 鈴木神社と「お代官様」 | トップページ | いのしし »

2013年10月31日 (木)

歌う藍染め師

 最近、歌の仕事が増えています。

 何のことかとお思いでしょうが、私はそもそも歌を唄うことが生業でした。それは1969年、昭和44年、私が19歳の時からです。

 現在は、もちろん藍染めが生業ですが、歌うたいを止めたわけではないので、ある友人が、そんな私を称して、「歌う藍染め師」と称しました。
 時折、仕事として歌を唄ってもおりますが、それ程頻繁に活動しているわけではありませんでしたが、どういう分けか最近、歌のお仕事が増えて来たのです。
 
 本日も、歌のお仕事で東京へ行って参りました。

2013103111051020131031110618
 目白にこんな建物があったなんて、全く知りませんでしたが、昭和初期の建物らしい。

20131031110747
 私の控え室も、雰囲気があります。

20131031115724
 私の食事も、雰囲気がある。
 以前は、歌う前に胡椒の利いた料理は頂かないことにしていたのですが、歳を取ると喉が丈夫になるらしく、ちっとも気にならなくなりましたので、ぺろりと頂きました。

 会場には、男性だけで女性の姿は皆無。それも、それなりのお歳の方々ばかり。古い歌を精一杯唄って参りましたが、好評のようで良かったと一安心です。

 

 男ばかりのオーディエンスの会場で歌ったのは、これが2度目。
 最初は四十数年前、台湾の米軍基地の中のクラブで、ちょっと色っぽいパフォーマンスのある夜のステージでした(当時は台湾に米軍がいたんです)。
 ベトナム戦争末期で、米兵は気が荒く、ちと怖い雰囲気の中でしたが、男のパフォーマーなんて邪魔なだけですから、受けた試しがなかったのが、私たちはめずらしく受けて、主催者に褒められた記憶があります。
 
 台湾は、良いところでしたが、そんな話しはいつか。




« 鈴木神社と「お代官様」 | トップページ | いのしし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/58488931

この記事へのトラックバック一覧です: 歌う藍染め師:

« 鈴木神社と「お代官様」 | トップページ | いのしし »