フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

日真名氏飛び出す

 新作のハンチングを試しに被ったら、突然、昔のテレビ番組「事件記者」を思い出した。
http://www.youtube.com/watch?v=4dX9zcfcdMc

 その内、頭の中に「ヒマナ」と云う言葉が浮かんできて離れなくなった。懐かしいテレビ番組なんだけれど正確な名前が分からない。

 少し先輩の人形の小島のおじさんに「ヒマナ・・・というテレビ番組を覚えてる?」と聞いていたら、娘がネットで調べてくれて「日真名氏飛び出す」だと分かった。
 おじさんは「懐かしいねぇ」」という。
 洋傘の中嶋さんに聞くと、「知ってますとも」という返事。

 橘右之吉さんに聞くと、その蘊蓄がすごかった。

 主役は久松保夫(ひさまつやすお)、ハンチングを被っていた助手が高原駿雄(たかはら としお)とスラスラと出て来る。
 
Himanasi

http://www.youtube.com/watch?v=x7dm6ey_Ci0

 タイトル名は、戦前の米国映画『悪魔が飛び出す』と、暇な奴をもじり『日真名氏飛び出す』となったこと。

 最高視聴率が49%を越えていたこと。
 主役の久松さんは、日真名氏として余りに有名になりすぎて、その後役が付かず、声優になり、声優の学校の青二塾(あおにじゅく)を作ったことなどなど。
 
 驚き入った博識。さすが右之吉師匠です。
 
 碁盤の松川さんに聞いたら、「『一丁目一番地』は覚えてる?」と逆質問されたけれど、「あれはラジオでしょ」って直ぐに思い出した。
http://www.youtube.com/watch?v=6LR3YdAuAXQ

 まあ、それから「鞍馬天狗」の杉作は松島知子、「赤胴鈴之助」は吉永小百合なんて話しで大盛り上がり。

 そんな一日でしたとさ。

三越本店「匠の技展」

 三越本店の「匠の技展」は、全体は極めて順調のようです。お客様の入りも、例年に比べて多いように感じます。

 紺邑は、こんな感じで展示中。

 いつもよりも、すっきりした飾り付け。

 
20131225185416

2013年12月25日 (水)

日本橋三越本店 日本の職人「匠の技展」

 今年最後で新年早々のイベントでもある、日本橋三越本店で開催される「日本の職人『匠の技展』」に出展します。

 

Img019_2
 日本中から100人を越える職人が集まります。

 

 年の瀬に新年に、忙しいこととは存じますが、是非、お運び下さいませ。

日本橋三越本店 日本の職人「匠の技展」

 12月26日(木)から日本橋三越本店7階催物会場で開催される「日本の職人『匠の技展』」に出展します。毎年恒例です。

Img019

 紺邑は、エレベータを下りて直ぐの、B-3の柱回りに出展しています。

 
 暮れから正月の忙しい時期の開催ですが、日本中から100人以上の職人が集まる見応えのあるイベントです。

 是非、お運び下さいませ。

2013年12月22日 (日)

寒いです!

 毎朝寒いです。
 体が寝床から起きない。

 1階の染め場は、一面がシャッターですから、なかなか暖まりませんけれど、先ずは薪ストーブに火をつけることから朝が始まります。

 その為には薪が入りますが、またまた足利の大木さんのご厚意で、薪が増えました。

20131222102929
 しかし、これは来年用だ。この冬の分も心細くなりましたので、またお願いしなければならないかも知れません。

 薪ストーブをつけますと、2階の空気は直ぐに柔らかくなります。

 ありがたい事です。

 

2013年12月19日 (木)

訃報

今朝がた携帯電話を見ると、ある百貨店の担当から、着信が2件入っていました。珍しいことでした。

フェースブックを見ると、職人の仲間内が何か妙な雰囲気で、これには共通したものがあるなと思っていたら、友人の訃報が飛び込んで参りました。

今年の夏会ったとき、癌だなと思った。
癌でもしぶとく生き残って仕事している奴もいるけれど、どうも嫌な予感はしていました。

私より若いけれど、まあ同世代。私とは色々ありましたが、お互いに深くは話さないようにしておりました。

 

彼の晩年は、娘さんに死なれた悲しみが深かったように思います。
それでも明るく振る舞い、周りに気を遣わせるようなことはなかった。

長男ではないのに家を継がされ、その経営も大変だったでしょうが、それもこれで終わりです。
あとは安らかな眠りがあることを、心からお祈りします。

合掌

2013年12月16日 (月)

「クリスマス小品展」 戦いすんで日が暮れて

 13日から行いました「作家たちによる クリスマス小品展」が、無事終了いたしました。

 お出で下さいました皆々様に、心より感謝<(_ _)>

 来年は、このイベントを恒例にして行きたいと思います。

20131216172159 
 皆さんが帰った後は、何か寂しげに感じます。

 「戦いすんで日が暮れて」といったところでしょうか。

20131216172229

2013年12月15日 (日)

「クリスマス小品展」

 「作家たちによる クリスマス小品展」がにぎやかに行われています。これをきっかけに、毎年行われるようになればいいなと思っています。

20131214132430
 一階は、紺邑と「竹炭の家」。

20131214132526 
 二階は、筒井さん、谷中さん、大森さん。

20131214132536 
 一部屋占領して、逸久真先生の作業場。

 

 今日を含めて、残すところあと二日です。


2013年12月10日 (火)

「クリスマス小品展」の事

 13日から16日まで紺邑で開催される「作家たちによる クリスマス小品展」。

 紺邑は、ハンカチ、手ぬぐいなどの小物に、綿、レーヨン、シルクなどのストールをおもに展示します。今回は沢山の種類をそろえていますが、相変わらず品数は少ない。これは、ご勘弁ください。
 でも、楽しいと思います。

20131210110808 
 
陶芸家の筒井童太さんは、「いつもの薪窯作品だけでなく超~クリスマスっぽいスープカップ&ソーサーを展示します」。とのこと。これも楽しみ。

1484966_430489817076571_1586113014_
 
 「竹炭の家」は、かわいらしい「竹炭灯り」を展示。ちょいと変わったクリスマスキャンドルにいかがでしょうか。

Photo



2013年12月 4日 (水)

「クリスマス小品展」のお知らせ

 来たる12月13日(金)から16日(月)まで、紺邑にて「作家たちによる クリスマス小品展」を行います。

 時間は午前10時から午後5時まで(最終日は午後4時まで)。


 「花宇宙」の逸久真さん。クリスマスキャンドルのワークショップもあります。
 
 「工房 風の谷」の谷中眞二さん。木工のかわいらしい小品。

 「飛雲窯」の筒井童太さん。陶芸。

 「野州麻紙工房」の大森芳紀さん。麻紙と灯り。

 「竹炭の家」の高橋良男さん。竹の門松など。

 「紺邑」は、ストールの数々を展示します。
 


 薪ストーブをガンガン焚いて、プレゼントくじというお楽しみも用意してお待ちしております。

Img013_2
 
(写真はイメージです)

2013年12月 2日 (月)

藍染体験

 今日は栃木市から、親子三代での藍染体験。

 
20131202120420
 よいハンカチが染まりました。

 またおいで下さいませ。

 

 

2013年12月 1日 (日)

啓發録

 幕末に一瞬の輝きを放ち、早世した福井藩の俊英、橋本左内をご存知だろうか。

 14歳にして「啓發録」を表し、松平春嶽に多大な影響を与え、彼亡き後は、春嶽の決断力さえ鈍ったという。つまり、幕末の春嶽の活躍の陰に、左内がいたということなのでしょう。
 
 なんでこんなことを書くのかというと、その「啓發録」の写本をお持ちいただいたからです。
 
Keihaturoku

 その方が、ご自分で写本をおつくりになった。

 私のためにですが、お約束から3年くらい経っている。
 それほどに手間のかかったもの。
 ありがたいことですが、読むのも大変そう。
  

 この方は、福井の老舗料理屋の御子息で、縁あって今は宇都宮にお住まいです。

 栃木県小山市のギャラリーで二人展をやっているときにお見えになり、幕末から明治の話になって約三時間、私がほとんど聞き役だったという方。

 今日は、私も少しお話をさせていただきましたが、話しは幕末から先の大戦、中国の歴史から朝鮮問題から日本の戦後問題に至るまでで、先回と同じく三時間くらいはお話しされた。

 私は染めながらでしたが、そばで聞いていた家内が面白がっておりました。

 お帰りの際、「話の通じる人になかなか出会えないので、今日は欲求不満の解消になりました」とおっしゃった。

 
 坂本龍馬は、福井に三度訪ねているそうです。
 
 最後に、由利公正に会い、その一週間後に暗殺されましたが、この方は、「下手人は長州藩士だ」とおっしゃる。

 さて、いかがなものでしょうか。土佐の貝崎さん(笑)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »