フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 三越本店「匠の技展」 | トップページ | 三越本店 日本の職人「匠の技展」 初売り »

2013年12月29日 (日)

日真名氏飛び出す

 新作のハンチングを試しに被ったら、突然、昔のテレビ番組「事件記者」を思い出した。
http://www.youtube.com/watch?v=4dX9zcfcdMc

 その内、頭の中に「ヒマナ」と云う言葉が浮かんできて離れなくなった。懐かしいテレビ番組なんだけれど正確な名前が分からない。

 少し先輩の人形の小島のおじさんに「ヒマナ・・・というテレビ番組を覚えてる?」と聞いていたら、娘がネットで調べてくれて「日真名氏飛び出す」だと分かった。
 おじさんは「懐かしいねぇ」」という。
 洋傘の中嶋さんに聞くと、「知ってますとも」という返事。

 橘右之吉さんに聞くと、その蘊蓄がすごかった。

 主役は久松保夫(ひさまつやすお)、ハンチングを被っていた助手が高原駿雄(たかはら としお)とスラスラと出て来る。
 
Himanasi

http://www.youtube.com/watch?v=x7dm6ey_Ci0

 タイトル名は、戦前の米国映画『悪魔が飛び出す』と、暇な奴をもじり『日真名氏飛び出す』となったこと。

 最高視聴率が49%を越えていたこと。
 主役の久松さんは、日真名氏として余りに有名になりすぎて、その後役が付かず、声優になり、声優の学校の青二塾(あおにじゅく)を作ったことなどなど。
 
 驚き入った博識。さすが右之吉師匠です。
 
 碁盤の松川さんに聞いたら、「『一丁目一番地』は覚えてる?」と逆質問されたけれど、「あれはラジオでしょ」って直ぐに思い出した。
http://www.youtube.com/watch?v=6LR3YdAuAXQ

 まあ、それから「鞍馬天狗」の杉作は松島知子、「赤胴鈴之助」は吉永小百合なんて話しで大盛り上がり。

 そんな一日でしたとさ。

« 三越本店「匠の技展」 | トップページ | 三越本店 日本の職人「匠の技展」 初売り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日真名氏飛び出す:

« 三越本店「匠の技展」 | トップページ | 三越本店 日本の職人「匠の技展」 初売り »